おかあさんの木

5
記事

子どもは親の笑顔が大すきなのは百も承知なんですけどね

先日のことです。
PCの中にほうりこんだままの、写真や動画を久しぶりに見ていると、
10年前の子育て奮闘中のわたしに再会しました。
末っ子ひびたは生まれておらず、3番目の娘が3歳くらいで、長男と次男は小学校低学年。
我が家史上最高に賑やかだった時代だと思います。

家族でドーナツの生地を作っているという動画でしたが、それがなんと自分でもビビるくらい、わたしの声がこわいのです。
娘が作ったハートのか

もっとみる
サンキューでぇす❣️
26

あたらしい時代を生きる子ども

コロナちゃん騒動のおやすみ中、世間の子どもたちはどのように過ごしているのでしょう。うちの17歳と13歳は、ゆるやかに昼夜逆転しています。

夜になると、もぞもぞ活動して、昼間は15時くらいまで寝てるんじゃないだろか。もぞもぞの活動は主にスマホやタブレットで動画、ゲーム、LINE、映画、かな。

晩ごはんの時間になると、そこで奇跡的に家族みんな揃って食べられる日もあり。「今日はじめてのメシじゃ」とか

もっとみる
ありがとう!さらに遠慮なくいただくわ💞
29

おかあさんの木、とは子そだてサロン的な。

ろうそく夜では、長いこと「かあちゃんの会」という集いを行なってきました。

今末っ子が通っているこども園でも、園に許可をもらって「おやのわ」という集いを月にいちど開いています。

これは子育て中の母という共通点のみで集まり、車座になってすわり、ひとりずつ自分の想いをはなす、人のはなしを聞くという会です。リラックスした状態で好きに話し、人の話に共感する時間や空間は子育て中のわたしたちにとって、なくて

もっとみる
あたいも大すきです❣️
8

お産のはなし 2

自宅でのプライベート出産したときの記録。つづき。

* * *

くらいお風呂の中で
羊水にちかい塩分のお湯のなかで
うまれたあかちゃんは
おおきな産声をあげない。
寒い空気や、まぶしすぎる光に
いっきにさらされることが無いので
びっくりすることもなく
ゆるやかな、環境の変化になれていく。
あたたかいお湯の中で、おだやかに
家族にむかえられることができた。
(昼間だったけど窓にアルミホイルを貼って

もっとみる
ホンマかいな〜❤️
7

お産のはなし  1

このおはなしは2016年に、わたしが4人目の子どもを自宅でプライベート出産したときに書いたものです。

今、世界がこんなにも変化して、病院で安心して産ませてもらうことも、もはや常識でなくなりつつあるような時代です。しかし「安心」してのお産は、病院でなくとも人はほんの数世代前までは家で日常の延長としておこなってきました。どうか不安からではなく主体的に選択して下さい。

産み方も自分で選んでいい。自分

もっとみる
や!もうー嬉し!!
7