愛のギロチン(小説)

21

【小説】 愛のギロチン 21

マガジンTOPへ 21 「な〜にをのんびり話し込んでやがるんだよ!」 まったくこの人は、いち…

【小説】 愛のギロチン 20

マガジンTOPへ 20 「えっ、そうなんですか」 思わず驚きの声が漏れ、昭一の視線を追うよ…

【小説】 愛のギロチン 19

マガジンTOPへ 19 「事業としては、どんなことを?」 大貫がどこかへ行ってしまった後、…

【小説】 愛のギロチン 18

マガジンTOPへ 18 数日後、俺は大貫の職場だという「多賀岡工業」にやってきた。予想通り…

【小説】 愛のギロチン 17

マガジンTOPへ 17 ギロチンと聞いて思い浮かぶのは当然、あれだ。フランス革命とかそうい…

【小説】 愛のギロチン 16

マガジンTOPへ 16 大貫がニヤリと笑い、そして、瓶ビールを俺に向かって傾けてきた。 「…

【小説】 愛のギロチン 15

マガジンTOPへ 15 「……っ」 それは向かいに座る大貫が、空になったグラスをちゃぶ台に…

【小説】 愛のギロチン 14

マガジンTOPへ 14 「なんでそんなこと言わなきゃなんねんだよ」 それまでメニューから目…

【小説】 愛のギロチン 13

マガジンTOPへ 13 店員が持ってきた瓶ビールを大貫のグラスに傾ける。 「本当に大丈夫な…

【小説】 愛のギロチン 12

マガジンTOPへ 12 後輩に言われた言葉が頭から離れない。 ーー求人広告の仕事なんて、単…