本読みの記録(2016)

80

哲人の人生に学ぶ〜『はじめての哲学』

◆石井郁男著『はじめての哲学』 出版社:あすなろ書房 発売時期:2016年2月 本書で取り上げる哲学者は14人。「万物の根源は水だ」と考えたタレスに始まり、ソクラテス、プラトンはもちろんのこと、ベーコン、デカルト、カントを経て、ヘーゲル、ニーチェ、進化論を唱えたダーウィンが入っているのが…

市民の政治的実力で対抗する〜『安倍晋三が〈日本〉を壊す』

◆山口二郎編『安倍晋三が〈日本〉を壊す この国のかたちとは─山口二郎対談集』 出版社:青灯社 発売時期:2016年5月 安倍政権を批判的に検討する対論集はすでにいくつか刊行されていますが、本書は政治学者の山口二郎が「抵抗と対抗提案を打ち出す」べく行なった対談の記録です。相手は、内田樹、…

「小さいこと」からネチネチと〜『新・目白雑録』

◆金井美恵子著『新・目白雑録』 出版社:平凡社 発売時期:2016年4月 金井美恵子といえば、小説作品にもその趣味嗜好が濃厚に刻まれているシネフィルぶりを想起しますが、時にフローベール的とも評されるエッセイにもその持ち味が存分に発揮されているように思われます。 本書では「その時々の時代…

啓蒙装置としての役割は終わった?〜『万博の歴史』

◆平野暁臣著『万博の歴史 大阪万博はなぜ最強たり得たのか』 出版社:小学館 発売時期:2016年11月 2025年、大阪で二度目の万国博覧会が開催されます。EXPO'70の時は私は小学生でしたが、当時と比べて今回は地元での期待感はほとんど感じられません。どころか開催に否定的な声が未だによく聞かれま…

爆撃が生み出した芸術の爆発!?〜『暗幕のゲルニカ』

◆原田マハ著『暗幕のゲルニカ』 出版社:新潮社 発売時期:2016年3月 パブロ・ピカソ畢竟の傑作「ゲルニカ」。スペイン内戦中の1937年、ドイツ空軍によって行なわれたゲルニカ空爆に怒りを爆発させたピカソが描いた作品です。実物を鑑賞したことがなくても印刷物やネット上で観たことのある人は多い…

言語を失う感覚が生み出す言語世界〜『模範郷』

◆リービ英雄著『模範郷』 出版社:集英社 発売時期:2016年3月 〈ぼく〉の故郷は、台中の「模範郷」と人が呼んでいた街区。大日本帝国が統治していた時代に日本人たちが造成した街。作中の〈ぼく〉は作者リービ英雄と同一視してもよい存在でしょう。「模範郷」とそれにまつわる挿話はこれまでも彼の…

大自然の理法に感嘆する〜『雪を作る話』

◆中谷宇吉郎著『雪を作る話』 出版社:平凡社 発売時期:2016年2月 科学者の手になる名随筆といえば、まずは誰もが寺田寅彦の名を想起すると思われますが、中谷宇吉郎は寺田の門下生にあたります。本文中にも何度か寺田の名が出てきます。サイエンスの道のみならず、文筆の方面でも弟子は師のあとを…

言葉用重箱の隅をつついて紡ぎ出す〜『珠玉の短編』

◆山田詠美著『珠玉の短編』 出版社:講談社 発売時期:2016年6月 ひとつの言葉から連想ゲームにようにして小説世界が広がっていく。本書はそのような掌編ばかりを収めたコンセプチュアルな短編集です。 「食べる」「食う」という言葉から想像を膨らませる《サヴァラン夫人》。「骨」にまつわる《骨ま…

人間にしか指せない手はあるか〜『不屈の棋士』

◆大川慎太郎著『不屈の棋士』 出版社:講談社 発売時期:2016年7月 将棋の世界は今世紀に入ってコンピュータの進化で様相が劇的に変化しました。人間を負かす将棋ソフトが台頭してきたからです。2013年に行われた第2回電王戦で現役棋士が初めてソフトに敗北しました。その2年後には、情報処理学会が…

愛を説くことと戦うことの関係〜『キリスト教と戦争』

◆石川明人著『キリスト教と戦争 「愛と平和」を説きつつ戦う論理』 出版社:中央公論新社 発売時期:2016年1月 キリスト教は愛と平和を説く宗教だと一般には認識されています。旧約聖書にはモーセの十戒のなかに「殺してはならない」との文言がありますし、新約聖書のルカによる福音書では「右の頬…