YelouとTHIC TOASTの話
見出し画像

YelouとTHIC TOASTの話

Rooo Lou

6月26日(土)〜6月28日(月)まで、写真家の島崎隆次さんの展示をお手伝いさせてもらってました。

Yelouについて

画像1

Instagramの投稿やストーリーでも一応触れたのですが、あんまり伝わってないような気がしてるので、こちらのnoteでもう一度ちゃんと書いておきます。

今回の展示についてはまず、島崎さんと僕は前職時代からずっとお世話になっている先輩と後輩という接点がまずあり、その頃からずっと「いつか展示やれたらいいですね」というような話をしていたのがはじまりでした。

僕は2018年あたりから2020年頭くらいまで毎月くらいに日本各地で絵の展示を行わせてもらっており、その都度、デジタル上では体験できない、リアルの場で自分の作品を見てもらう機会の重要性、というものを感じていました。
最初の一年は本当に手探りで、その都度展示会場のスタッフさんに助けられながらがむしゃらに展示というものを行わせてもらってた記憶があります。

そういったいろいろ失敗しながらもやってきた経験なんかを、他のこれからの作家 / クリエイターの方に共有し、「展示をやる」ということもそうですが、「展示されている作品を見に行く」ということに対しても双方の敷居を少しでも下げて、結果アートやクリエティブなものに触れる機会が世の中的にもっと広がれば良いな、そんな思いが2020年あたりから特に強くなってきました。

その中で、今回親交もあり、ずっと写真も素敵だなと思ってた島崎さんの初の展示をまずお手伝いしてみようというところが、今回の展示のサポートに関わった経緯となります。

画像4

画像5

▲今回ポストカードグッズやフライヤーも作成

実際やってみて、やはり自分以外の方の展示に関わるということは思った以上に大変だなと感じました。それは作業的な話ではなく、僕の展示ではないので自分がやりたいことというよりも、実際展示をする当人がどうしたいか、どう表現したいかをしっかり理解し落とし込んでいかなければいけないからです。そこに関しては今回は、前途したように関係性が元々あったので同じ方向向いてやれたと思ってますが(僕は)、今後もし例えばあんまり接点ないような作家さんとやるときには、こういったあたりしっかり対話し実現していければいいなと思っています。

画像8

●場所に関して
展示というものは「ギャラリー」や「美術館」のような場所以外でも、日々行われてます。

一番身近なところでいうと、飲食店やアパレルのお店などではないでしょうか。中には今回ご縁がありお世話になったSTAYFUL LIFE STOREさんのように撮影/ギャラリースペースを併設して運営されているところもあったりします。

ただ、僕の所感としてはそういった素敵なスペースをお持ちのお店でも、その場所をどう使っていこうか悩んだりされてるところも意外に少なくないのではと感じています。なので、クリエイター側のお手伝いもそうですが、そういったお店側(わかりやすくお店と書いてますが場所をお持ちの方全てに対して)に対しても、もし自分のところでもそういった展示をやってほしいというところがもしあれば、お手伝いできればと考えてます。

画像2

Yelouという名前はわかりやすくいえばそういったサポートに関わるチーム名のようなものであり、基本自分の活動とは切り離したものになっていくかと思います。自分的には将来的にギャラリーや、マネジメントをやりたいわけでは一切なく、主軸としては自分の作家活動がメインであるので、あくまでサポートという立ち位置で関われればと。

もちろん僕自身まだまだなので、どちらが上とか下ということではなく、同じ目線で自分自身も成長していけるような場作りをしていければと思っています。

Yelou
HP : 
https://yelou.jp/
IG : @yelou.jp 
https://www.instagram.com/yelou.jp/

THICK TOAST(COFFEE SERVICE)について

画像3

こちらもInstagramで触れてましたが、今回の展示では、コーヒーの提供というものも同時に行いました。これには2つ理由があります。

1つ目は、集客の面です。なかなか最初の方の個展だと、本当に人がきてくれるのか、せっかく人が来てくれても満足して帰ってもらえるか、いろいろ不安を抱えることも多いかと思います。なのでそういった部分で少しでもプラスになればということで、コーヒーのケータリングというものを行い、展示に来られた方とのコミュニケーションの一つして活用してもらえればと思ってます。(もちろんやるやらないは都度展示に応じてですが)

2つ目は、バリスタの福田くんの存在です。今回のコーヒーの提供は、一応の屋号としてTCHIK TOAST(COFFEE SERVICE)( Instagram : @thicktoast.jp )とつけ、この福田くんに2日間行ってもらいました。

2018年の夏に某コーヒーショップで展示を行わせてもらったのですが、福田くんはその某コーヒーショップの当時のスタッフでした。
そこで展示についてやりとりしたところからスタートして現在に至るまで、同じ関西出身、また年齢も近いこともあって仕事についてやその他いろいろ話す中で、今後何か一緒にやれればという話が出たりもしていました。

今後何か一緒にやりましょう、はこういう仕事してるとよくある言葉なのですが、僕的には社交辞令でもなんでもなくて、ほんとにやれればいいなと思ってました。その時から最初に書いたYelouの活動の考えもなんとなくあったので、まずそういったところから一緒にできればということで、今回THICK TOAST( COFFEE SERVICE ) という形で一緒に行うことができました。

画像7

このコーヒーのケータリング について今後は、といってもまだまだ走り出したばかりで足りてないことだらけではあるですが、Yelou関わる関わらない関係なくTHICK TOASTとしての活動が増えていければというところもあったりします。そこは福田くんとどうしていくか、今後少しづつ進めていければと思ってます。

画像6

THICK TOAST ( COFFEE SERVICE )
HP : 
https://yelou.jp/catering
IG : @
thicktoast.jp https://www.instagram.com/thicktoast.jp/

最後に

急にYelouやらTHICK TOASTやらワードが出てきたり、島崎さんの展示に来られた方からも「何故にRoooがいるのか」みたいな雰囲気がバンバン伝ってきて、告知/説明不足だったなと感じてましたがこの記事で少しでもやっていこうとしてることが伝われば嬉しいです。

コロナの影響もあって、なんだか人が集まる場所が作りにくい世の中に感じたりしますが、やっぱり人と人がリアルにコミュニケーション取れる場は単純にやっぱ大事だよな必要だよなと、今回やってみて改めて感じています。

けっこうこの期間、YelouやTHICK TOASTのことについて頭使ってましたが、今年後半は自分の展示なんかもいろいろ控えてるので、また一旦切り替えてしばらくは自分の活動に専念しようと思います。
ただこういうのは一回やるとそれっきりみたいなことも無いことでは無いので、あまり期間はあけずまた次回行えればと考えてます。

画像9

最後に改めて、今回快く会場として場所を使わせて頂いたSTAYFUL LIFE STOREの野田さん、大谷さん、そして天候の不安定な中お越しいただいた皆様本当にありがとうございました。

Takatsugu Shimazaki Photo Exhibition
「spare intervals」supported by Yelou
期間:2021年6月26日(土)-  6月28日(月)
時間:12:00 - 18:00
会場 : STAYFUL LIFE STORE

photo : Takatsugu Shimazaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
Rooo Lou
Illustrator / artist