新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

あらためて、rooms2020年の取組について

written by Anri Ishizuka / rooms director

2000年、”クリエイターと社会を繋ぐ”ことを目的に、合同展示会rooms(ルームス)は誕生しました。年2回・2月と9月に開催をし、今年20周年、人間に例えるとようやく成人です。

画像1

(rooms40/20周年記念展の様子)


さて、、、次の新たな20年の幕開けと共にCOVID-19が直撃し、イベント型式でビジネスをしている私たちにとっては今後様々な課題を解決しなければなりませんが、その一方で前進するチャンスを与えてもらったと思っています。「何をするか?」が先に来るのではなく、自分たちの存在意義と本質を突き詰め、roomsが今後やるべき仕事についてチームと議論を重ねて道筋を作りました。その一つがOMOプラットフォームの開発です。OMOとは、Online Merges with Offline=オンラインとオフラインの併合を示します。このことについて先日プレスリリースを配信しましたので、是非ご覧頂けるとうれしいです。また、早速オルタナさんにご掲載いただけましたので、以下シェアさせていただきます。

オルタナS 『ルームスがDX強化、より本質的なエシカル訴求へ』

デジタルの領域からたくさんの学びを得ています。とはいえスタッフ全員がものすごく精通しているわけではありませんので、過度な装備は身につけず、STEP by STEPでみんなに役立つサービスを開発してゆきたい、と思っています。

会社や組織ではなく「個」が重要となるこれからの暮らしの中で、rooms(部屋の集合体)という個の連鎖を意味する名称は時代感があり、今こそ色んな挑戦をしたいと思っています。是非応援していただけるとうれしいです!

rooms41/2020年9月3日、4日、5日@新宿 / www.roomsroom.com



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
「クリエイターと社会をつなぐ」をテーマに、合同展示会等を運営しているroomsによるnoteです。皆さんともっと繋がりたくてnoteをはじめました。次回、41回目のroomsは9/3-5に新宿の三角広場で開催します。https://www.roomsroom.com

こちらでもピックアップされています

#お店 記事まとめ
#お店 記事まとめ
  • 1297本

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。