西東六三

ギャグ小説などを執筆。