見出し画像

ペレットとはなんぞ。

このホクホクのお芋を何で焼いたかと言いますと、ペレットオーブンです。

菊屋雑貨店では焼き芋を焼くのにおなじみのペレットですが、京都の厳しい冬、六根ゲストハウスではペレットストーブでお部屋を暖めます。(現在、ストーブ選定中です♪)

ペレットを燃料にしたオーブン、略してペレットオーブン。アメリカからやって来ました。

画像1

本体の左側のボックスに入っているのがペレットです。

ペレットとは乾燥した木材を圧縮したもので、接着剤や化学薬品などは全く入っておらず安全。

京都市内の森から誕生した、100%京都産のペレットを利用していますので、エネルギーの地産地消とも言えます。

画像2

必要な電気はモーターを動かす分のみで、捨てられていた間伐材は立派な燃料に生まれ変わり、ほんのり木の香りがする美味しい焼き芋が出来上がります。

間伐材などを利用する事で山の健康は保たれ、また再び植林すると新たなエネルギーの原料になる。ペレットが燃えるときに出る二酸化炭素は木が育つ過程で吸収したものですから、他の燃料のように二酸化炭素を増やすことはありません。

暖炉ほど設置も難しくないので、最近は少しずつ需要も伸びているそうです。皆さんのご家庭にもいかがでしょうか?

森の力京都 京都ペレット町家ヒノコさんのHPを参考にさせて頂きました。


クラウドファンディングも挑戦しています!

小さな宿の新しい挑戦に、ぜひお力添えをいただき、ご支援を生かして必ず私たちの夢を実現したいと思います。よろしくお願い致します。

クラウドファンディングページ
※支援募集は、2019年12月13日(金)午後11:00まで


#フェアトレード #エシカル #循環 #宿 #ゲストハウス #旅 #京都 #ペレット #暖炉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
2020年春(予定)より開業予定の循環型の宿。町屋の改装を京都の杉材や廃材を利用しながら進めています。環境に配慮された商品やフェアトレードを扱う居心地の良い場所を作ります。https://www.instagram.com/rokkonguesthouse/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。