インナーブランディング施策で会社はもっと強くなる!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

インナーブランディング施策で会社はもっと強くなる!

ログシーキャリアコンサルタント&広報PR担当 鈴木さくらです。

弊社では「Twitterやろうぜ」運動を絶賛進行中なのですが、このたび新たに、代表 山田卓司はビジネス版SNS『LinkedIn』も始めました。

LinkedInをご活用中の方がいらっしゃいましたら、ぜひ!つながり申請大歓迎です♪

さて今回の記事は、とくに中小ベンチャー企業様向けに、弊社のインナーブランディング施策を大公開します。

【とりわけ、以下を感じる中小ベンチャー企業様】
▼せっかく想いを込めた企業理念や行動指針を策定したのに、なかなか社内に浸透しないな・・・
▼コロナ禍でテレワークが進み、コミュニケーションが以前に比べてスムーズに取れず、さまざまに変化を強いられるなか、従業員・メンバーの一体感に欠け、ベクトルがチグハグになってきてしまったな・・・
▼自社への愛着が希薄になってきたな・・・

と、少しでも感じる企業様、よろしければご参考になさってください^^


■社内でエンゲージメントを高めるインナーブランディング

「インナーブランディング」とは、企業が自社内に向けて行うブランディングのこと。従業員・メンバーに対して、企業理念(Philosophy/Mission/Vision)や行動指針(Value)、ブランドの価値などを伝えて理解を深めてもらい、その価値観の浸透を目的としています。

社内向けの施策であるため、直接利益に関わる「アウターブランディング」と比較すると、どうしても重要視されにくい傾向があります。

ですが、従業員・メンバーの自社ブランドに対する理解や価値観の浸透はいいこと尽くし。なぜなら、商品やサービスの品質を向上させることができるだけではなく、企業としての価値や魅力が高まる・・・といった効果も期待できるからです。

自社に愛着を持ち、理念の体現に向かって一緒に取り組める仲間がいることで、やりがいを感じて働き続けられる環境ができれば、さらなる品質の向上や従業員・メンバーの定着率の向上、安易な離職の防止、優秀な人材採用ができ、それらがうまく循環してアウターブランディングにつながっていきます。

インナーブランディングに力を入れることで、エンゲージメントを高めることができますね。

そう考えると、中小ベンチャー企業であるほど、アウターブランディング同様にインナーブランディングにも力を入れる必要性がとても高いことがわかります。


■新制度『ROGC Value AWARD』とは

PMVV(Philosophy/Mission/Vision/Value)が浸透している企業は以下2点が共通点です。


1.理念(Philosophy)の意図・意味からしっかりと言葉で伝える

理念がなぜ生まれたのか、そしてどんなことを意図していて、どんな意味や想いが込められているのか。浸透している企業であればあるほど、これらが言語化されています。

▼弊社の場合・・・代表インタビューやメディアでの共有、各節目のセレモニー等での共有などを実施。

◆関連サイトはこちら:


2.メンバー自身が理念・行動指針に対して「アウトプットする機会」がある

意図・意味の理解だけでは不十分なので、実際に行動につなげ、「自分事化」することで浸透していきます。

▼弊社の場合・・・日報・週報でValueの項目を設けることで、日頃からValueを意識した行動を取り、各自どのValueが体現できているか振り返る機会を積極的に創出中。


さらに、このたび年度末を迎えるにあたり、各メンバーが自身や他メンバーを振り返り、Valueがどのように体現でき、周囲に良い影響を及ぼしているかを選定し表彰する『ROGC Value AWARD』を策定しました。

2021年1月~2021年3月までの期間で、以下の6つのROGC Valueの中から一つ選び、自薦他薦問わず「実践できたこと」などをTwitterで各メンバーがツイートすることによってエントリー。その後、エントリーがあった中から、全体投票でValue賞を決め、表彰をするという社内制度です。


■チームROGCの心得となるROGC Value 6ヶ条

詳しくはこちらの記事に出ていますが、弊社のValueは民主主義的に笑メンバーみんなで出して、みんなで投票して決めたという流れを取ったこともあり、みんなが納得し、日々のビジネス活動の拠り所にしています(私もValueが大好き^^)。



◆チームROGCの心得として以下の6ヶ条Value

1)「得意技をつくって、磨きあげよう」
まずは社内で1番、次に競合プレイヤーの中で、最終的にはマーケットに影響を与えることができる、そんな自分だけの得意技=専門性や個性を育てること。

2)「常に改善思考、すぐに改善行動をとろう」
現状に満足せず、常に探求し、最適解を追求する。考えることも大事だが、実行するスピード感はさらに大事。スピードをもって経験を制すること。

3)「責任を果たすために、全力をつくそう」
些細なことでも任されたもの、やると決めたことは最後まで責任をもって最善を追求する。当事者意識を高く持ち、一人ひとりが責任を果たすこと。

4)「感謝の気持ちは、必ず声に出そう」
いついかなる時でも、周囲の支えがあって仕事が成り立っていることを強く認識し、自分自身の気持ちや、お客様からいただいた感謝の言葉は必ず声に出して伝えること。

5)「仲間の成果をよろこび、達成を共創しよう」
仲間の成功を称え、自分の成功を仲間たちに共有する。高い目標を達成するためにみんなで力をあわせること。

6)「信頼され愛される、自分のファンをつくろう」
個人として頼られる存在になることは自分と会社の財産になる。会社の看板はみんなでつくること。


■会社はもっともっと強くなれる

個人的には、PMVV(Philosophy/Mission/Vision/Value)のどれをとってもそれらは「浸透させる」ものではなく、仕組みによって自然と「浸透していく」ものだと捉えています。

とくにPMV(Philosophy/Mission/Vision)を実際に体現するための行動指針であるValueに関しては、各メンバーが体現できる仕組みを会社としてつくっていくことで、独自のカルチャーが日に日に醸成されていきますよね。まさに会社のカルチャーはみんなでつくっていくものだと実感しているところです。

コロナによって、経済活動に大きな打撃を受けました。ですが、経済活動を回復すべく戦略に力を入れると同時に、インナーブランディング施策にも力を入れることによって、コロナ以前とは比べものにならないほど、会社はもっともっと強くなれる。未知のウィルスは私たちに会社をもっと強くする機会を与えてくれたのかもしれませんね。

(おしまい)



\ お問合せはこちらからどうぞ /


\ Twitterもやっています!よろしければフォローもぜひ ♪/

★採用支援事業部Twitter
★育成支援事業部Twitter
★山田 卓司@ROGC Inc.代表 Twitter
★キャリアコンサルタント&広報 鈴木さくらTwitter


\ PRタイムズからのプレスリリースはこちら /


\ 日本の人事部の無料DL資料はこちらからどうぞ /



この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキって言ってくれてありがとう♡
《採用から育成まで、あらゆる人事局面に最短で最適解へ》人材ベンチャーの㍿ログシー(ROGC Inc.)。キャリアコンサルタント&広報の掛け算が強み。取材・寄稿・登壇のご依頼はお気軽にご連絡ください♪ HP▶https://rogc.co.jp