見出し画像

遅刻が治らない話

僕の遅刻癖を治すよりも、そちらが僕に寄せてもらうことはできませんか。
反省はしています。けど、そちらが寄せる方がお互いの負担は少ないはずなんです。


僕は遅刻が非常に多い。
大遅刻もするのだが、基本は「5~10分ほどの遅刻」がメイン。
これに関していろんな話や説教をされるのでここで僕の現状を伝えておきたい。


まず寝坊してない。

これが一番多く疑われることだが、僕は基本的に寝坊しない。
この夏に10数年ぶりに一度だけ寝坊したけど。びびった。
比較的に早寝早起きなんだよね。
だから「出発ギリギリに起きた」なんてないし、出かける全然前に起きてる。
けど準備ができていない。


そしてこれは24時間どのタイミングでもそうなんだ。

例えば「昼の12時に家を出れば間に合う」として、9時には起きている。
けど12時には準備終わってない。


なぜか間に合っていない。

もちろんメイクなんてしないし、服も結構無頓着だし、荷物も少ない。
けど間に合わない。
「12時半の電車に乗る」と決めているのに、その時間にお風呂あがったりしてる。
やばい。

夕方だろうが夜だろうが。


何をしているのか。
仕事することもあるが、だいたいyoutube見てたりダラダラしているんだよ。

画像1

こんな感じ。


言われるんだよ。
「ロッキーくんADHDなんじゃない?調べたら?」
って。

いや、調べたんだよ。病院で。
その結果、違うんだよ。

お医者さんに言われた「君はただ乱暴なだけだよ」が真実なんだと思う。


僕が遅刻する真っ当な理由は分からないが、もし答えがあるのなら「性格」になるのかも。
大切な人とのデートや商談でも遅刻するので、誰か僕の代わりに現場に行って欲しいな。


中学生の頃は毎日遅刻していた。
この「毎日」は比喩表現ではない。そう。毎日だ。

うちの学校には「無遅刻記録」みたいなシステムがあって、そのクラスがどれだけ遅刻してないかを日数で表していた。
隣のクラスは半年以上ずっと無遅刻記録が続いていたが、僕のクラスは毎日「0日」だった。
なぜなら僕が毎日遅刻するから。
正確に伝えると、僕と「ノブ」って友達が毎日遅刻するから。


あれから20年近く経つが、何も改善されてない現状を見るとこう感じる

「僕の遅刻癖を治すよりも、そちらが僕に寄せてもらうことはできませんか。
反省はしています。けど、そちらが寄せる方がお互いの負担は少ないはずなんです。」
と。


ちなみにだが、たまに2時間くらい早く現場につくので、その極端さが例の「君はただ乱暴なだけだよ」に通ずるんだろう。


みなさんごめんなさい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!僕も好きです!
4
芸人ですが、ノンフィクションにお化粧した恋愛のお話・エンタメビジネスの話・モテる話を書いてます。芸人やMC・イベント制作をメインに活動してるエンタメ屋です。比較的モテます。

この記事が入っているマガジン