見出し画像

持続化補助金【賃金引上げ枠】の採択事例から学ぶ計画書の書き方⑦

 なりたい自分になるには、なりたい自分を明確にイメージすることが必要と言われますが、それと同様に、補助金で効果を出すためには、効果を明確にイメージして、計画書に示す必要があるでしょう。

 また、効果が見込めない場合、見込んだ効果の信憑性の薄い場合などは、その補助事業には補助金を交付する必要性が高くありませんから、不採択を引き寄せることになってしまいます。

 このようなことを踏まえて<補助事業計画>「4.補助事業の効果」を記載する必要がありますが、当補助金の【賃金引上げ枠】に採択された専門サービス業の企業は、当欄にどのようなことを記載したのかを見ていきます。

1. 持続化補助金【賃金引上げ枠】の採択事例から学ぶ計画書の書き方[補助事業の効果]編

持続化補助金【賃金引上げ枠】の採択事例から学ぶ計画書の書き方[補助事業の効果]のポイント(1)数値で効果を示す

 同社は<経営計画>「4.経営方針・目標と今後のプラン」に記載した売上高目標と税引後利益目標を再度記載し、当補助事業を実施することで、それが達成できる可能性が高まることを記載しました。

 このことは目標として掲げた数値が実現できるという内容と同義であり、このように数値で効果を示すことは、効果の具体性が高まるため、読み手はイメージがしやすく、説得力向上が期待できます。このような点も同社が採択を引き寄せたポイントと考えられます。

持続化補助金【賃金引上げ枠】の採択事例から学ぶ計画書の書き方[補助事業の効果]のポイント(2)顧客の効果を示す

 前述の通り、同社は補助事業実施によって達成可能な売上高と税引後利益を示しましたが、それは同社の価値を知らない方にそれを届けることで新規顧客の開拓が進むことや、既存顧客への提供価値が向上することが見込めるためと言えます。これらは顧客が享受できる価値ということができますので、同社はこのような内容を「顧客の効果」として記載しました。

 また、当補助事業によって、同社が提供するサービスを短い納期、安い価格で利用することができますが、具体的に短縮できる納期、安くなる価格を記載したことも、採択を引き寄せたポイントと考えられます。

持続化補助金【賃金引上げ枠】の採択事例から学ぶ計画書の書き方[補助事業の効果]のポイント(3)社会的な効果を記載する

 補助金という公的資金を活用するということは、公的な視点も求められると考えられます。つまり、自社を利用しない方に対しての効果についても記載することが望ましいということです。

 そこで、補助事業によって自社が今まで以上に活性化することで、地域の競合他社との競争が活発化し、業界の高度化が進むことの他に、非対面業務の推進による感染リスクの低減などといった社会的な効果を記載した点も、採択を引き寄せたポイントと考えられます。

 ここまで7回にわたり、小規模事業者持続化補助金【賃金引上げ枠】に採択された専門サービス業の計画書から、採択を引き寄せるポイントを述べてきましたが、各回におけるそのポイントは以下の通りです。今後採択を目指す方の参考になれば幸甚です。

【弊社ホームページ】

2.小規模事業者持続化補助金の計画書作成をサポートします。

1,000件を超える支援実績を通じて蓄積してきたノウハウを活用して、計画書作成のサポートを行い、採択の可能性を高めます。詳しくはこちらから↓↓↓

3.LINE友だち登録募集中

LINEで友だちとして繋がってくださった方に経営のお役立ち情報を週1回お届けしています。リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開記事】を読んでみませんか?バックナンバーはこちらから↓↓↓

【LINE友だち登録はこちらから↓↓↓】

https://lin.ee/8Vi8RPr

4.電子書籍のご案内


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!