見出し画像

小規模事業者持続化補助金に採択されたエステサロンの事例③

 当エステサロンの代表は、もともと首都圏で仕事をしていましたが、結婚を機に夫の実家がある地方都市に移住しました。そして、当地で仕事を探しましたが、条件に合うものがなかったことから、まったく人脈がない中でエステサロンを開業し、業績を向上させてきました。

 同店代表は、さらなる事業規模拡大を図るために、小規模事業者持続化補助金を活用することとし、弊社も同店の計画書作成をご支援させていただき、結果として採択されました。今回の記事では、同店を事例として採り上げ、<経営計画>「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」について、採択を引き寄せる計画書の書き方を見ていきます。

1. 小規模事業者持続化補助金に採択されたエステサロンの事例から学ぶ計画書の書き方【自社や自社の提供する商品・サービスの強み編】

小規模事業者持続化補助金に採択されたエステサロンの事例から学ぶ計画書の書き方【自社や自社の提供する商品・サービスの強み編】(1)切り口を活用する

 自社の強みを思うまま列挙しようとしても、なかなか思い浮かばないケースがあるはずですが、同店は経営資源の切り口を活用しました。ここで言う「切り口」とは、物事を分析する際の着眼点を指しますが、経営資源の切り口としては、人的資源、物的資源、財務的資源、情報的資源があります。

 具体的には【人的資源の強み】として主に代表やスタッフのキャラクター、【物的資源の強み】として主に好立地の店舗、【財務的資源の強み】として主に比較的大きい借入枠を持っていること、【情報的資源の強み】として主に分かりやすく機能的なホームページについて述べました。

小規模事業者持続化補助金に採択されたエステサロンの事例から学ぶ計画書の書き方【自社や自社の提供する商品・サービスの強み編】(2)結果ではなく要因を記載する

 同店は強みのひとつに、同店の技術は都会のサロンに引けを取らないことを述べていました。ですが、このことは結果であり、なぜ引けを取らない技術があるのかが強みと言え、それを述べる必要があります。

 例えば、代表の研究熱心な姿勢がそのような結果を招くことができたのかもしれませんし、業界経験の豊富なスタッフが在籍しているからなのかもしれません。同様に、同店を利用する顧客は、同店が提供するメニューに対する満足度が高いことを述べていましたが、これもなぜ高い満足度を提供できるのかを検討し、それを強みとして記載する必要があります。

 これらを再検討していただき、好ましい結果を招くことのできた要因を強みとして述べたことが、採択を引き寄せたポイントと考えられます。

小規模事業者持続化補助金に採択されたエステサロンの事例から学ぶ計画書の書き方【自社や自社の提供する商品・サービスの強み編】(3)顧客の声から強みを洗い出す

 痩せるためにエステサロンの施術を受け、体重を落とすことができたものの、バストのボリュームまで落ちてしまうケースがあります。これに対して同店は強みとして「痩せることができたが胸が小さくなっていない」という声を多数いただいたことを述べていました。

 ですが、これは顧客から発せられた同店に対するポジティブな声であって、同店の強みを表しておりません。なぜそのような声をいただくことができたのかを検討し、強みとして記載する必要があると言え、再度強みを洗い出したことも同店が採択を引き寄せたポイントと考えられます。

 今回の記事では、当補助金に採択されたエステサロンが記載した<経営計画>「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」のポイントとして、(1)切り口を活用する、(2)結果ではなく要因を記載する、(3)顧客の声から強みを洗い出す、を挙げました。次回は「4.経営方針・目標と今後のプラン」を見ていきます。

【弊社ホームページ】

2.小規模事業者持続化補助金の計画書作成をサポートします。

1,000件を超える支援実績を通じて蓄積してきたノウハウを活用して、計画書作成のサポートを行い、採択の可能性を高めます。詳しくはこちらから↓↓↓

3.LINE友だち登録募集中

LINEで友だちとして繋がってくださった方に経営のお役立ち情報を週1回お届けしています。リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開記事】を読んでみませんか?バックナンバーはこちらから↓↓↓

【LINE友だち登録はこちらから↓↓↓】

4.電子書籍のご案内


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!