受験_ヘッダ

わたしのちょっとへんてこな受験の話。


画像1

だいぶ前、フォロワさんの娘さんが受験した話を読んで、感銘を受けたというか、わたしも人生一回だけ受験した経験があるので、そのことをやっと書いた。

一回しか受験したことがない。というのは、苦手分野に挑んだ経験が、たった一回しかないということだ。高校はFランだった。

もしかして、作品に昇華させるかもしれないエピソードなので、有料にしておきます。使うことになったら削除対応するとも思うんで、以上の点をご理解頂けるかたのみ購入をお願いします。消す場合はなんらかのサービス記事に差し替えます。
2018/11.13/
ご購入者さまが10名を超えましたので、おまけで簡単な描きおろしのイラストと、追加エピソードを追記しました。ありがとうございます!


文章自体は、感情のところにあまり触れないようにしてあります。幼少期の思い出からお話ししないといけないんで、全部書いてたら長くて読んでられないと思って。あ、読みやすく書けてると思います。ご購入くださるとうれしい。


では、はじまりはじまり。


画像2


わたしの最初の記憶は、病院のベッドから見上げる、うねうねとした模様のよくある石膏ボードの天井。めんどくさそうに寝てるシーンから始まる。

今回、ここは本題じゃないから飛ばす。

まぁ入院させられていた。小学校一年生の勉強を一切しないまま「小1の勉強なんてすぐ追いつきますから」と特別な計らいで復学したのは小2の途中。学期の途中で無理やりクラスに挟まった。

みんなククとかいう謎の呪文をすらすら言えてる。わたしにはどういう用途のものかもわからない。

「九九しらねぇの?」
「バカが染るから寄るな」

さんざんいじめられた。

しかし、果たしてこいつらは人にあれこれ言えるほど頭がいいんだろうか…?わたしはかねてから疑問だった。

だって、みんな一回見ただけじゃ、モノの形を全然覚えきれない。どんな服でどんな靴の人がどこでどんな表情だった。とかそういうのを全く言えない。言えたとしても概要だけ。

形だけではない、皆たった数ヶ月前の事を思い出せない。なんでだかわたしにはよくわからなかった。

なんかヘンだなぁって思いながら、まぁ、こんなに一斉に言われるってことは、わたしはバカなんだろう…。と思うしかなかった。

いや、まぁ、あとのお話を読んだらわかると思うけど、バカはバカで超あってるんだけど、なにもかも。というわけではなかった。

画像3

画像4

───中学二年の時だった。

この続きをみるには

この続き: 7,407文字 / 画像21枚

わたしのちょっとへんてこな受験の話。

植木まみすけ(漫画,イラスト,文章)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートの収益金は画材や取材費などの必要経費にあてさせていただいております。全力で作品でお返ししますので、どうぞよろしくお願いします。

*末吉*釣った川魚に「俺には妻も稚魚もいるんです」という顔をされた
16
noteでは仕事以外の文章や交流がメイン活動になっています、ご理解の上フォローを。*Thank you for not reposting without permission! *自己紹介と仕事受付窓口→https://note.mu/rk666/n/nee97e3f536da

こちらでもピックアップされています

日々思うこと#2冊目
日々思うこと#2冊目
  • 105本

日常の感想や小さな仕事のお話など。その2。

コメント (8)
【ふみさん】
ふみさんいかにも数字得意そうなのに…!ギャップかよーー。ふみさんは職種的に絶対数字が出てくるやつなので、それでも仕事をこなせてて、かっこいいかよーー。ありがとうございます。へへ。
【ぷらすさん】
ありがとうございます!ぷらすさんもどっちかというと、脳の系統近いですよね。記憶力がやたらとよくて、方向音痴で、細かいのかおおざっぱなのかよくわからない、極めた人というか(いま超褒めました)xとかyとか、こう英語の並びの中でも最後の方を使われるとほんとにつらいことないですか?せめてABCで言えーーってなる。
分母がおかあさん!に思わず笑ってしまいました(笑)でもつくづく思うけどその学校のセンセイもそれと同居人さんも、周りの人がまみすけちゃんに必死にいろいろしてくれる、そうしたい何かがまみすけちゃんにあるんだと思う。ただ夢を追ってるんじゃなくて自分の得意なこと苦手なことを分析して努力しているから周りがサポートしやすいというのもあるかも。

うちのムスメはかなり数学が得意なタイプですが国語は絶望的にダメです(笑)このような文章はとても書けません。才能だと思います。そうか〜どう森のあの素敵なインテリアはセンス+プロのなせる技だったのね〜(笑)
【じゅりさん】なんてうれしいことばかり書いてあるコメントなんだ。そうだったらいいなぁ。しばらく思い出して牛みたいにニッチャニッチャ笑おう…。ありがとうございます。どう森は、つい入り口がせまい落ち着く配置にしてしまうんで、本番でこういうの描いたら大減点なんですよー。

娘さん理系…!数字得意って触れ込みだと、途端に智慧の実とか食って、白磁の塔かなんかに棲んでるような気がしてくるから余計娘さんがすごいように感じる。じゅりさんはいつも小説とかお読みになられてるから、一瞬文系かなぁって感じなんですが、じゅりさんは両方いけそうな感じなんだよなぁ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。