ツボナージュとは?

rita3950

「この治療を友人や知り合いに説明したいけれど、どう説明したら良いかわからない」
患者様が、よくおっしゃる言葉です。
 私なりに説明させていただいたりもするのですが、なかなか上手く説明できたことがありません。
 
そこで3回に分けてツボナージュについて説明させていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。
 
まず! これは一般的な指圧でも同じなのですが、ツボナージュでは、ほとんど指や腕の力を使いません。
指や腕は、しっかりとツボに触るだけ!
でも、これでは、なぜしっかりツボを圧せているのか? わかりませんよね。
 
答えは全身を使って「圧す」という動作をしているのです。
と、この言葉を読んでも具体的なイメージは
ほとんど湧きづらいですね。
 
例えばゴルフでスイングする時、皆さんは腕だけスイングするわけではありませんよね。
全身を使って、特に下半身を上手に使って、
一見、腕を使ってボールを飛ばしているように見えるスイングをなさっていると思います。
この時、腕に無駄な力が入らなければ入らないほど、ボールは理想的なコースを遠くへ飛んでいきます。
ツボナージュも同じです。
とってもデリケートで小さな動きしかしない前頚部を治療する時でさえ、全身を使って治療しています。
こうすることで、とくにデリケートな前傾部の筋繊維などを痛めることなく、ツボをバッチリとらえて、身体の奥深くまで圧を通し、身体の深部まで血行を促し、免疫力アップ、代謝促進などのツボの持つ力を大きく引き出し、骨のように硬くなっている、時には鋼鉄のように硬くなってしまっている筋肉をフワフワとした血行も代謝も良い良質な筋肉にほぐすことが出来るのです。
 
ゴルフをなさらない方に実感していただくには(実は私もゴルフはかじったことがあるだけ  〈汗〉)ご自分 が 1番得意なことをやっているところを想像してみてください。
お料理でキャベツの千切りをしている時、フライパンを振っている時、煽っている時、掃除機をかけている時、楽器を演奏している時、絵を描いている時、あらゆるスポーツをしいる時、どんなに小さな動きでも全身を使っているはずです。
人間は、大きな動きはもちろん! 
どんなに小さな動きでも全身の筋肉をバランス良く使うことで、正確に最大限の力を出すことができるのです。
これは決して強い力という意味ではありません、最高に質の良い力という意味です。
 
ツボナージュも同じなのです。
皆さんが 1番得意なことをなさっている時と同じように、全身を使って、決して強い力ではなく、治療効果の大きな質の良い力で治療させていただいています。
 
次回からは現代人独特のツボの場所(位置)について書いていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!