見出し画像

文明の危機と再生  ~西欧文明の推移からコロナ後の世界を考える(根本正一)

要約:
2020年に世界を席巻した新型コロナウイルスは現代文明そのものの危機となる――そんな論調が増えています。災害は文明崩壊の引き金になるものの、実は文明そのものの奥深くに崩壊の構造的要因が潜んでいるものです。人類の歴史は様々な自然・人為的災害に彩られ、しかしそれをくぐり抜けてもきました。当コラムでは、現代世界を規定している西欧文明が有史以来どのような危機に陥り、その本質がどこにあったのか、そしてそれをどう乗り越えていったかを検証しました。そこから「コロナ後の世界」がみえてくるはずです。

この続きをみるには

この続き: 9,189文字

文明の危機と再生  ~西欧文明の推移からコロナ後の世界を考える(根本正一)

RISS(社会科学総合研究機構)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
RISSの研究員のコラムを発信していきます。 --- 一般社団法人社会科学総合研究機構 http://riss.or.jp/