RISE CONSULTING GROUP
事業会社からコンサルタントへ。そして更なる成長を。【シニアコンサルタント石黒さんインタビュー】
見出し画像

事業会社からコンサルタントへ。そして更なる成長を。【シニアコンサルタント石黒さんインタビュー】

RISE CONSULTING GROUP

こんにちは!
ライズ・コンサルティング・グループ広報担当です。

本日は中途入社でシニアコンサルタントの石黒さんをご紹介致します。


――石黒さん、どうぞよろしくお願い致します!まずはじめに、これまでのキャリアを教えて頂けますか?

「よろしくお願いします。

新卒では総合印刷会社に入社し、商業印刷物やITサービスなどの情報コミュニケーションを中心とした自社製品やサービスの営業に従事しました。社内のプロデューサーとして企画をまとめ、提案を通じてクライアントの課題解決に貢献するという仕事はやりがいがあり充実していましたが、クライアントに対して、できる限り制約なく支援したいという想いから、シンクタンクにコンサルタントとして転職しました。

コンサルタントとしては、大企業から中堅・中小企業、金融機関、行政機関に至るまで幅広いクライアントを対象に、デジタル領域のビジョン・戦略策定から実行まで一貫して支援してきました。

また、上述の企業に在籍中に、経営学と美術学の大学院に通っていました。大学院で学んだ経営やデザイン・アートの知見を実務に取り入れることで自身のキャリアに活用してきました。」


――大学院にまで通われていたのですね!そんな中ライズで働くことを決めたのはなぜでしょうか?

「最大の理由は”ビジネスパーソンとして、よりクライアントの役に立ちたい”と考えるようになったためです。クライアントに対してより大きなバリューを提供するためには、『優れたビジネスモデル』と『コンサルタント自身の高いケイパビリティ・マインド』が不可欠であると考えています。

1点目については、
ライズはコンサルティング業界のディスラプターを目指しており、コスト面の優位性の確保や質の高い顧客体験の実現などに注力しています。そして、これらの実践により手厚い報酬とワークライフバランスを提供しているところに他社にはない強みを感じました。

2点目については、
年次・職位を問わず優れたコンサルタントが揃っている点はもちろん、自分自身が最大限に成長できる環境であると感じたためです。そのように感じた理由はいくつかありますが、特にハンズオンスタイルスコープを設定しないコンサルティングの提供は、クライアントとの密接なコミュニケーションが求められるため、必然的に鍛えられるのではと感じていました。

また、将来的にファンドビジネスを構想している点も魅力的でした。自ら投資をして、主体的にビジネスに関わることで、クライアントに貢献できることも大きいと思うからです。」

――ありがとうございます!現在参画されているプロジェクトはどのようなものでしょうか?

「現在は日系大企業のIT中期経営計画の策定・推進PJに参画しています。クライアントの未来のあるべき姿から発創する企画検討から、施策の実行推進まで幅広い業務に携わることができ、やりがいを感じています。関係者が多岐にわたるため、スムーズに気持ちよく動いて頂くためにはどうすればいいのかという点を意識しています。」

――ライズに来てよかったと思う点、驚いた点、入社前後のギャップなどあれば教えてください!

「プロジェクトを通じて自分自身の成長を実感できている点は期待通りですが、加えて、企画提案のサポートや社内外の多様な研修、社内施策に勉強会、熱量のある同僚たちとのカジュアルなディスカッションなど、プロジェクト外でも成長できる機会が非常に多く、その点はとても嬉しく感じています。」

――今後どのような業務に関わっていきたいですか?

「新規事業案件にも関わっていきたいです。経営にデザインの知見を取り入れることで、組織文化の構築と、事業を通じた価値創造の両方に貢献できると考えています。優れた製品やサービスを企画するだけではなく、その製品やサービスを生活者はどのように利用すればいいのか、自社でどのように利益を得るのかといった点までを含めて総体としてのビジネスモデルを設計し、推進したいです。そのためには、多様な領域における高い知見が求められるため、引き続き自身のケイパビリティの向上に努めます!」

――ありがとうございました!最後に休日の過ごし方や最近ハマっていること・好きなことなどがあれば教えてください!

「最近はバスケットボールにハマっています。学生時代に少し嗜んでいましたが、それでも10年ぶりの挑戦です。と言っても、体育館での公式的なバスケではなく、ストリートでその日に出会った人たちとバスケをする方が好きです。バスケそのものも好きですが、それ以上にバスケを通じたコミュニケーションが好きです。国籍や年齢・性別なんて関係なしに、がむしゃらにアツい時間を共有することができる点がたまらなく楽しいです。」

画像11


――アクティブな休日ですね。ライズメンバーでもいつか開催できるとよいですね。石黒さん、本日はありがとうございました!


この記事が参加している募集

社員紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
RISE CONSULTING GROUP
顧客企業の「次の未来の創造」ために、「戦略の実行」と「成果の上昇」に拘ったコンサルティングサービスを提供。 デジタル、新規事業、業務/IT等、顧客企業の変革をご支援しています。 初めての方はこちら https://note.com/rise_cg/n/nc5940d2a140e