俺たちの旅 片思いと家族との狭間で・・・
見出し画像

俺たちの旅 片思いと家族との狭間で・・・

片思い

僕が初めて買ったアルバム(LPレコード)は中村雅俊の「想いでのかけら」だった。

僕が8歳か9歳の頃に発売されたアルバムだけど、買ったのは1年か2年おくての小学3年か4年かな。

すべてがいい曲ばかりで、擦り切れるほど聞いた。

僕は今、同じ社内の約30歳年下の子に片思いで辛過ぎる。

俺たちの旅の最初の歌詞

「夢の坂道は 木の葉模様の石畳
 まばゆく長い白い壁
 足跡も影も残さないで
 たどりつけない山の中へ
 続いているものなのです」

たどりつけないところへ続いている僕の「片思い」。

僕の果てしなく、たどりつけない旅だ。

諦めればいいのに、

忘れられればいいのに、

今は、毎日、社で会うから無理なんだ・・・

なんか、突然、中村雅俊の俺たちの旅を思い出したんだよね。

僕が漫画映画以外で初めて見に行った映画も多分、中村雅俊主演で歌も大ヒットした「ふれあい」だったと思う。兄と見に行った。

ふれあいも「想いでのかけら」に入ってたんじゃないかな。

僕の片思いは、いつになったら「想いでのかけら」になるんだろう・・・

想いでのかけらになるまで辛いけど、なんとか生きようか。

でも、生まれ変わりたい、目覚めたくないという思いの毎日。

辛さと葛藤のたどりつけない日々だ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

俺たちの旅 中村雅俊

夢の坂道は 木の葉模様の石畳
まばゆく長い白い壁
足跡も影も残さないで
たどりつけない山の中へ
続いているものなのです

夢の夕陽は コバルト色の空と海
交わってただ遠い果て
輝いたという記憶だけで
ほんの小さな一番星に
追われて消えるものなのです

背中の夢に浮かぶ小舟に
あなたが今でも手をふるようだ
背中の夢に浮かぶ小舟に
あなたが今でも手をふるようだ

夢の語らいは 小麦色した帰り道
畑の中の戻り道
ウォーターメロンの花の中に
数えきれない長い年月
うたたねをするものなのです

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊辛さが和らぎます❗️
片思い
かなり歳下の子に片思いで切なくて、毎日辛くて、仕事にも希望がなくて、生まれ変わってその子と両思いで付き合いたいと思う既婚者です。