「おしゃれの呪いを解くnote」始めます
見出し画像

「おしゃれの呪いを解くnote」始めます

久野梨沙|公認心理師・スタイリスト

はじめまして。スタイリストの久野梨沙(ひさのりさ)です。

「服装心理学」に基づいて、様々な方へファッションアドバイスをしたり、スタイリストを養成したり、雑誌やラジオやテレビでしゃべったりなどしています。

そんなすべての活動における私のポリシーは、「服装は自己肯定感を高める強力なツールである、と知ってもらうこと」。でも現実にはその逆に、ファッションにまつわる様々な思い込みに縛られて、却って自分への自信や信頼を失っている人がとても増えていると感じています。

心理学では、外部の出来事の受け止め方や思い込みのことを「ビリーフ」と呼びます。アメリカの心理学者アルバート・エリスは、そのビリーフの中で、非合理的な考え方・・・つまり、論理的な根拠のない思い込み。自分に害を及ぼす固定概念・・・を「イラショラル・ビリーフ」と呼んで、それを変化させる療法を提唱しました。

そんなイラショラル・ビリーフ。最近では「呪い」と呼ばれるようになっていますね。個人的にもこっちの呼び方のほうがしっくり来ます。

世の中にはいろいろな呪いがあります。

女性は若い方が価値がある。
結婚して子供を産むのが幸せな人生だ。
男なんだから泣いちゃダメ。

ビリーフは、合理的なものであればその人を支える信念になります。しかし、非合理的なビリーフは「呪い」になって私たちの首をぎりぎりと締め上げていきます。

このnoteでは、そんな世にあまたはびこる「呪い」の中から、ファッションに関するものを取り上げて、ばっさばっさ斬り捨てていきたいと考えております。
note上、ファッション論理療法です。

みんなが、自由におしゃれを楽しめるように。
ぜひ、あなたに巻き付く「おしゃれの呪い」もお寄せ下さい。心を込めて、その呪い、解かせて頂きます。
以下のマシュマロからお気軽に投げて下さいね。

◆note未満の服装心理学ネタや育児つぶやきはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
久野梨沙|公認心理師・スタイリスト

頂いたサポートは、noteを引き続き書けるように本・映画などのインプットに使わせて頂きます。入れないと出せないタイプです。

このスキが励みです!
久野梨沙|公認心理師・スタイリスト
おしゃれの「呪い」を解く人。自己肯定感を高めるためのファッションの使い方や、子育てと経営の両立など綴ります。公認心理師。(社)日本服装心理学協会代表。スタイリスト養成スクールFPSS代表。夫と2016年生まれの息子の三人家族。https://www.forstyle.biz