マガジンのカバー画像

リリ数秘術マガジン

212
数秘術に関する記事を書いています。 また、毎日、その日のテーマが届く数秘術のメルマガを毎朝8時に配信しています。 ご登録はこちらから。 https://goo.gl/83KkqT
運営しているクリエイター

記事一覧

【2022年】数秘イヤーナンバー9番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ去年は、ご自身の土台作りや、関わることの発展に精を出されたかと思います。
もしくは、これまでずっと頑張ってきたからこそ、うまい力の抜き方を覚えたところかもしれません。

去年のあなたは、「物事をうまく動かしていく」というテーマのなかにいました。
仕組みを作ったり、チームワークを良くしたり、決まり事を作ったりして、快適と効率性を両方叶えるように頑張ったのではない

もっとみる
スキと言っていただけて良かったです。ありがとうございます。

【2022年】数秘イヤーナンバー8番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ去年は、世の中を横目に見つつ「あなたらしい道」を探求してきた年でした。

自分らしさの探究とともに、過去に探求を続けてきた偉人たちの物語に触れたりと、あなたの世界でのスゴイ人に学びつつ、自分らしい理想の形を築こうとしてきたのではないかと思います。

求めるものが個性的であるほど多くの人には理解されにくくなりますし、レベルの高いものを求めれば求めるほどプレッシャ

もっとみる
スキと言っていただけて良かったです。ありがとうございます。

【2022年】数秘イヤーナンバー7番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ去年は、自分らしい世界の作り方について取り組んだり、想いを馳せた方が多かったのではないでしょうか。

世界というと大きなものに感じてしまいますが、身近な世界で言うと家族とか、学校や職場とか、地域とか、自分の所属するコミュニティのようなものです。

その、自分の所属に関して「もっと良い暮らしにしたい」「もっと全体的に動きを良くしたい」「バラバラな動きをまとめたい

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます!

【2022年】数秘イヤーナンバー6番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ去年は、自由というのがひとつのテーマでした。

自由は、快適でありながら難しいです。
「ぜんぶあなたが良いように決めて?」と言われたら、逆に責任感が増しますよね。

自分にとっての快適な自由さとは?
社会において、自由でいられるラインとは?

内なる自分と対話したり、色々な人と言葉を重ねたりしながら、自分なりの答えを見出したのではないでしょうか。

そして今年

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!

【2022年】数秘イヤーナンバー5番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ去年は、自分の基盤を落ち着かせたり、軸を強くしたりするような年でした。

安心できる場所はどんなところか? 心地よいと感じるのはどんなことか? 信頼できる関係性は?と自問しながら、あなたにフィットした環境を築いてきたかと思います。

もしくは、そんな環境を自分のためだけではなく、誰かのために提供してきたかもしれません。

自分が心地よいと思う場所ができ、周りを

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!

【2022年】数秘イヤーナンバー4番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ去年は色々な方向にアンテナを立てたり、やりたいことにチャレンジしたり、はたまた計画の実行に精を出したり、勉強したり…と慌ただしい一年だったかもしれません。

かなり神経を使った日々だったかと思いますが、昨年の経験によって自分の得手不得手がわかり、目指す方向性が見えてきたのではないかと思います。

それらがわかったところで、一生懸命取り組んできた自分にいったんお

もっとみる
スキと言っていただけて良かったです。ありがとうございます。

【2022年】数秘イヤーナンバー3番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ実はこんなことをやりたかったんだ、とか
こんなことが心残りだったんだ…という本心に気付き、
あなたのなかでの統合が取れてきたかもしれません。

自分の本心と建前、もしくは自分と他者の関係性。
それらのバランスが取れてきたことで落ち着いてきたり、
自分自身を大切にするというテーマが見えてきたかと思います。

努力はするけど無茶はしない。
自分一人で頑張りすぎずに

もっとみる
スキと言っていただけて良かったです。ありがとうございます。

【2022年】数秘イヤーナンバー2番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ2021年のあなたは、良くも悪くも「現実に直面する」というテーマがありました。
そのため、やりたいことをやっていた方は「手応えがあった!」という感覚がするでしょうし、色々うまくいかないなと感じている方は「このままじゃいけない!」と思ったかもしれません。

いずれにせよ、ここで現実を遠くに追いやるのではなく、目の前のことにフォーカスすることが大切です。

「いつ

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!

【2022年】数秘イヤーナンバー1番のテーマ

2021年の振り返りと2022年の流れ昨年はどんな年でしたか?

もしかしたら、「よくわからないうちに一年が終わっていたな…」「去年、何かしたっけ?」くらいに感じているかもしれません。

2021年は、流動的な流れのなかで「なぜだか、ここにたどり着いた」という感じで終わったのではないでしょうか。

気になることをやって
会いたい人に会って
ちょっと違うなと思うものから遠ざかって…
軽やかな意識をし

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます!

数秘のイヤーナンバーの計算方法

調べたい年に、自分の誕生月・誕生日の数字を書き出し、ひとつずつ足していきます。

例) 
誕生日が1958年08月29日で、
調べたい年が2022年の場合。

2+0+2+2+0+8+2+9=25

合計数を、一けたになるまで足していきます。

2+5 =7

この場合、イヤーナンバーは7番になります。

あなたの今年は、何番ですか?

ありがとうございます。励みになります!

リリ数秘術で見る2022年の全体の流れ

2021年の数字5番は自由だったのに対し、6番にはルールがあります。

例えば、TPO。
ハンバーガーショップに行くのと、結婚式場に行くのとでは着るものを変えますよね。
「場」には、それ相応の「ルール」があります。

そのルールは堅苦しいものではなくて、むしろ、対象となる人たちが安心してくつろげるように設けられた「きまり」です。

2022年は、2021年にあなたが実感した「自分なりの線引き」や「

もっとみる
スキを押していただきハッピーです。ありがとうございます!

【2021年リリ数秘術】イヤーナンバー1番の視点

イヤーナンバー1番の角度とは原点回帰だけれど、戻らずに前に進む

2020年は、心境や環境の変化が色々あって、結果的に心機一転した方も多かったのではないでしょうか。
「色々考えてもしょうがない!」と、すがすがしく吹っ切ったり、
「まあ、やってみないとわからないしね」と、挑戦に向けて舵を切ったり。

または、原点回帰のように
「ずっとやろうと思っていたことを、今年はやろう」という気持ちになるかもしれ

もっとみる
スキを押していただきハッピーです。ありがとうございます!

【2021年リリ数秘術】イヤーナンバー9番の視点

イヤーナンバー9番の角度とは

変化し、方向性を開いていく2020年は、「みんなどうやって成功してるんだろう?」とか「この人は、どういう経緯でこうなったんだろう?」というように、仕組みや経歴に興味が出た一年だったかもしれません。

または、「そろそろ自分のやり方でやっていきたい」というように、定型やフォーマットを知ったうえで、自分なりの第一歩を踏み出したいと思うタイミングでした。
そのための学びを

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!

【2021年リリ数秘術】イヤーナンバー8番の視点

イヤーナンバー8番の角度とは

内から外へ、発展していく2020年は、ざわざわしたものから自分を遠ざけて、できるだけ静かにいたいな…と思うような年だったかもしれません。

ふと、周囲と自分とをわけて考えることで改めて人の優しさに気づいたり、または「意外と一人でも楽しいな」という風に感じたり。
人との距離感を見直すことで自分が自分であることの価値について考えるような年だったかな…と思います。

人付

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!