NPO法人バーチャルライツ主催、VR写真大賞(VRPA)に挑戦。

非日常を日常に。そんなことを限りなく可能にしたのがバーチャルの世界。
バーチャルに入り込むにはVR機器が必須。
しかし、それだけでは決まった人しか集まらずなかなか周知するのは難しいとも言えます。
そこで誕生したのがスマホ向けのバーチャルSNS。
リアルアバターとアバターを使い分ける事でターゲットを広げて、もっとVRやバーチャル世界を知る事が出来るのではないでしょうか。

先日、あるNPO法人が立ち上がりました。
NPO法人バーチャルライツ。

もっとVRを知って普及して欲しいという願いで設立されたこちらは、以下の言葉があります。

NPO法人として設立するに至ったのは、これまでユーザーや任意団体として行われてきた活動だけでなく、
関連団体との連携を深めていくことによってVRユーザー全体の利益を生み出していく必要があること等の観点から、社会的にも認められた公益的な組織にしていくことが最良の策であると考えたからです。
これにより組織を発展、確立するこができ、将来的にバーチャルリアリティ文化を中心としたインターネット上での自由な表現活動の発展に広く貢献できると考えています。 (バーチャルライツ理事長より抜粋)

設立に伴い記念イベント、virtual reality photo award(VRPA)が開催中です!(6.11~6.30)

テーマは(VRで生きる)。

VRChat、cluster等で撮った写真をタグ#VR写真大賞 で投稿するだけ!
入賞者には賞金と記念品が送られるそうです!
VRに限らず、スマホ撮影でもOKとのこと!(確認取りました!)
何枚でも投稿出来ますが、採用は1枚!
早速私も投稿してきました!

この機会にバーチャル・VRを知って、触れてみてはいかがでしょうか。

それでは!この声が貴方に届いたなら私は嬉しいです☆

NPO法人バーチャルライツ様はこちら

VRPA概要はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
末吉
やりたい事に全振りしたい!! スマホアプリ中心で好き勝手やらせて頂きます!! バーチャルSNSアプリcluster その他気になるやつ全般 詳しくはvprofで→https://vprof.me/@/Rio_mix1103