見出し画像

就活体験記(概略編)

最近、後輩ちゃんたちから就活相談をよく受けるので、私がやっていたこと、考えたことをまとめてみたいと思います。

私の大まかな就活の流れ

【大学2年生】就活を意識。セミナーに参加したり就活に生かせそうな活動を始める。

【大学3年生】長期・短期インターンに参加。留学するか迷っていたので就活もしっかりやる。

【大学4年生】結局、一年留学。

【大学5年生】2度目の就活をして進路決定。

大学卒業後には様々な進路の可能性がありました。進学するか、または留学するか、人生のお休みをとってゆっくりするか。大学生活を通して、勉強は好きだけど研究はそんなに向いていないんじゃないかなと思い、院進学は今の段階ではしないと決めました。とりあえず就活をしてみて、行きたいところがあったらそこで修行しようかなと思い、就活を始めました。

と言っても、ゆるゆるっと始めたわけではなく、大学2年生くらいから徐々にインターンに申し込んだり、セミナーに参加したりしていました。いわゆる意識高い系かもしれませんね。そんな私の就活は、2年に及びました。なかなかこういうパターンも珍しいかと思うので、後輩の役に立てば思い、記していきます。時系列でいきます。

大学3年生

春にSPIの勉強を始めました。
志望企業については、最初は全く検討がつかなかったので絞らずに色々な企業を見ようと思いました。

いくつかの就活セミナーを通して、就活はこれまでの受験とは全く違うものなんだということを知りました。就活のルールがわかってからは選考も通りやすくなっていったと思います。

秋ごろ、いくつかの企業が集まるセミナーで、私に目をつけてくれた人事の方がいました。留学に行くことが決まっていたにもかかわらず、「入社は一年後でいい」と言って、自己分析を手伝ってくれたり、会社の説明を丁寧にしてくれました。いわゆる「リクルーターがつく」というものです。

が、せっかくいろいろと助けてもらったのに面接で落ち、再度チャンスをいただいたのですがまた落ち、結局ご縁がありませんでした。

就活を終えた今思えば、私の内容は浅はかで、パッションもなく、自分らしさも出すことができず、受かるわけがありませんでした。しかし、就活を受験のように単に「合否」で捉えていた私は、落ちた理由も分からずただただ苦い気持ちが心に広がっていきました。

大学4年生

モヤモヤした気持ちで留学に行くことになります。

留学中も、ボストンキャリアフォーラム(通称: ボスキャリ)に参加するなど、ちょこちょこ就活を進めていました。ESの添削はオンラインでできるので、すでに就活を終えた同級生にお願いしていました。

ボスキャリについては別に書きますね。

「何者」という映画を見て、心をわざと沈めたりもしました。ある程度ネガディブな状況も想定しておいたほうが、自分のメンタルを保てるだろうと思ったからです。(有村架純が大好き)

大学5年生

留学で正規のルートから外れ、周りより1年遅れたということが、逆にリラックスさせてくれました。背伸びすることなくありのままの自分を見せようというマインドが出来、「選ばれる側でもあるが、自分も会社を選んでやろう」という気持ちで就活の主導権を持てるようになりました。この頃には私服で面接に臨んでいました。

最終的に4社から内定をいただき、迷いに迷った末、10月頃最終決定をしました。

終わりに

ざっと述べてきましたが、この期間の中にはたくさんの出会いや葛藤がありました。今後、記事にしていきますのでよろしくお願いします。

(就活のこれが知りたい!など、リクエストもお待ちしております。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたの今日の運勢は大吉!(スキありがとうございます)
10
社会人一年目。情報発信初心者ですが、コンテンツ作りを楽しみます☺︎

こちらでもピックアップされています

就活体験記
就活体験記
  • 9本

ベンチャー、大手、外資など、多種多様な企業から内定をいただいた経験から、「人生まだ20年しかやってないんだけど?就活ってどうすればいいの?」という過去の自分に伝えたいことをまとめておきます。

コメント (2)
留学前後で就活に対しての意識がどう変わったか教えてください!
shugoさん、コメントありがとうございます!記事にしてみますね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。