見出し画像

NBL 2018/19 Round4 Game1 Brisbane Bullets vs. Adelaide 36ers 「比江島慎とWang Tong」

Brisbane Bulletsのホームでの開催となりました、NBL 2018/19シーズンRound4の1試合目、Bullets対36ersを観戦しました。Bulletsはこれで今シーズン通算6試合目となりました。結果は108対98でBulletsの勝利となりました。

Bulletsはこの試合では色々と新しい布陣を試していたように思います。Magnayという今まであまり起用されていなかったビッグマンが出場しましたし、これも今まであまりプレータイムがなかったHoltが22分プレーしました。Cadee、Gliddon、Holtとスリーガードっぽいう瞬間もあり、ゲームが接戦だったこともあり純粋にゲームとして面白いものでした。

ただ、やはり比江島の出番はありませんでした。Bulletsの中ではHoltが一番比江島に近い存在だと私は見ているので、この選手のプレータイムが伸びてくるとなかなか出番が難しくなりそうです。

過去Brisbane Bulletsに参加したふたりの中国人"育成"選手

前回のnoteでも軽く触れたのですが、Brisbane Bulletsは2016/17シーズンにふたりの中国人選手をShanghai Sharksから受け入れています。ちなみにShanghai Sharksは、NBAで活躍したあのYao Mingを輩出したことで有名なチームだそうです。

この続きをみるには

この続き: 2,509文字

NBL 2018/19 Round4 Game1 Brisbane Bullets vs. Adelaide 36ers 「比江島慎とWang Tong」

増田林太郎

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートを検討して頂けただけでも光栄です!

Thank you! Have a great day!
2
ソフトウェアエンジニアやってます。2児の父です。

こちらでもピックアップされています

比江島慎の豪挑戦
比江島慎の豪挑戦
  • 20本

日本の男子プロバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)でMVPを獲った比江島慎選手。彼のオーストラリア挑戦に関する記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。