見出し画像

NBL 2018/19 Round7 Brisbane Bullets vs. Illawarra Hawks「英語が出来ない選手を入れるのはクレイジーだと思う」

NBL 2018/19シーズンのRound 7、Brisbane Bulletsにとってはシーズン11ゲーム目となりました対Illawarra Hawks戦をnbl.tvで観戦しました。結果は104-85でBrisbane Bulletsがホームでの貴重な勝利を収めました。

比江島のいないときに限って、と日本のバスケファンなら言いたくなってしまう展開だったかもしれませんが、Bulletsが終始ゲームをリード。2Q終了時に一時的に追いつかれはしたものの、その後は安定してリードを伸ばし、危なげなくゲームを終えました。

ゲーム残り2分弱からはMagnayやHarrisonなど普段はプレータイムをもらえない選手も登場。セットプレーでPattersonとのピックアンドロールからMagnayが初得点と思われるゴールを決めるなど、ガベージタイムにもそれなりに見せ場がありました。

さて、このゲームの2Qが1分半ほど経過したときに実況・解説の方が比江島について言及していました。比江島がいま代表合宿中で日本に帰っていること、比江島のここまでのプレータイムが2試合でそれぞれ1分にも満たなかったこと、比江島のオーストラリア代表戦でのスタッツのことなどに触れていました(ちなみにゴンザガ大学と八村塁がデューク大に勝利したことについても触れていました。)

この続きをみるには

この続き: 1,155文字

NBL 2018/19 Round7 Brisbane Bullets vs. Illawarra Hawks「英語が出来ない選手を入れるのはクレイジーだと思う」

増田林太郎

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートを検討して頂けただけでも光栄です!

ありがとうございます!
5
ソフトウェアエンジニアやってます。2児の父です。

こちらでもピックアップされています

比江島慎の豪挑戦
比江島慎の豪挑戦
  • 20本

日本の男子プロバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)でMVPを獲った比江島慎選手。彼のオーストラリア挑戦に関する記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。