ゴミを売る方法

ゴミを売る方法を紹介する。

自分のサービスに自信があるのになぜか集客出来ない人へ


ゴミを売るのは簡単だ。

・ゴミをゴミだと言わない

・いかに素晴らしい物かを語る

・それによって喜んだ人の声を集めて紹介する

・ゴミを手に入れる事によって得られるメリットを語る

・他社のゴミとの違いを説明する

・キャンペーンで安くする

・数量限定にする

・先着にする


ゴミを売る方法は色々ある。


気づいただろうか。

あなたが自分のサービスを売り込んでいる方法は、
ゴミを売る方法と同じだと言う事に。


あなたの提供しているサービス=ゴミ

と言っているわけではない。

あなたの提供しているサービスの売り方=ゴミの売り方

だと言っている。


つまり・・・?

外部(購入者)から見た時に、

あなたが売っているものが良い物なのかゴミなのか判断出来ない。

ということ。


・口コミ評価が良いから信じよう.....

・みんな買っているから信じよう.....

・これだけ良いって言われているから信じよう.....

・いつもより安いから買ってみよう.....

・数量限定だから買っておこう.....

・先着だから買っておこう.....


購買者の判断というのはその程度である。

ちゃんと他社製品と比較した上で、あなたのサービスのメリットを全部理解した上で購入する人なんていない。


つまり良い物を正しく売っても、ゴミを正しく売っても同じ成果しかあがらない。

唯一変わるのは、また買おうと思うかどうかだけである。


「え、それが大事なんじゃないの?」と思う人もいるかもしれない。

大事だが話の本題が違う。

また買おうと思うかどうかは購入したからこそ考えられることで、

購入していない人はまたもなにもない。


そして、まず最初の客すらつかめていないのに、その先のことを考えても意味がない。

今回は話さないが、

「いつも来ていたのに急に来なくなった客」

について、なぜ離れて行ったのか考える時も来るだろう。

でもそれはもっと先である。

売れてないのに先のこと考えても意味ないからとりあえず売ろうよ。


サービスの良いところを伝えるもの、効果を伝えるのも、他社製品との違いを伝えるのも

間違いではないし、それで売れる案件もあるけど、

正解かと言われると「今の時代では」違うと思う。

やっぱり宣伝費かけている大手には勝てないし。

すでに人気があって安心感のあるところには勝てない。

価格を安くして勝負したら自分がしんどい。


Q:じゃあどうすれば売れるのか?

A:サービスに付加価値をつける

付加価値の詳細は別のnoteにまとめてあるので参考に


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

書いて欲しい事あったらいってー

まじらぶ
11
noteてぷろふぃーるあったんだ 書いてなかった ついった@nayanoQ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。