綺麗な涙。

自営業をしている彼は独立する前、大手の会社でそれなりの役職まで上り詰めた人だ。そういった経験から私のひとりごとみたいな話を膨らませて導いてくれるところがある。

私の父も定年退職するまではなかなかの地位だったらしい。そんな父に関するあれこれや父からの暴言で落ち込む私をさらけ出すことで彼から助言をもらったりもする。

昨日、就労移行支援の所長さんと初めてゆっくりお話をして、この事業所に出会えてよかった!スタッフさんが大好きだから来ようって思えるし頑張ろうって思える!って言ったら、なんと所長さん涙してた。

メガネを外してハンカチで涙を拭う姿はなんだか綺麗だった。女性だからそう思ったのかと最初は思ったけど正直化粧っ気もないし、むしろ疲れてくたびれてるような感じだったから一般的な綺麗とは違った。でも綺麗だと思った。

その話を彼にしたら、そのくらいの年齢の女性なら張り詰めて仕事してるんじゃないかな?自分が一生懸命してることが本当に誰かの為になっているのかなって思ったり試行錯誤しながら頑張ってる時に莉乃にそう言ってもらえて感極まったんじゃないかなと言われた。

私は思ったことをストレートに伝えるくせがある。いいことも悪いことも。でもここ数年で悪いことはちょっと我慢して、落ち着いてる時に言葉を選びながら伝えるようになった。いいことはいいと思った時に語彙力なんか気にせず、いい!とか、ありがとう!楽しかった!そういうところが好き!って簡潔に伝えるようになった。

今まで心がけてきたことが就労移行支援の場で役立っている気がする。生きてきたことは誇りだし歩みだした自分にもっと自信をもっていいんだと日々思えている。

なんていい循環。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

元気の源ありがとう♥️
3
双極性障害を抱えながら就労移行支援に通所しています * 年の差&遠距離恋愛の恋人がいます * 趣味やしたいことがたくさん。楽しいと思えることをたくさんして生きていきたいです *

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。