見出し画像

アートとどう向き合うか?

みなさん、こんにちは。りんです。

先日「現代アートを身近に」をテーマに勉強会を開きました。今回はその概要をお届けしつつ「アートとの向き合い方」考えたいと思います。

「アートを身近にするアート鑑賞のお作法を学ぶ会」と題した勉強会の中身は

1.現代アートが難しく考えられる原因
2.心がまえ
3.視点のもちよう


の3部構成で、講師役にアートディーラーのまめさんを迎えて実施しました。(Zoomで実施して写真をすっかり取り忘れました^^;)

1.現代アートが難しく考えられる原因

アートは好きだけど現代アートはちょっと・・・
という方は多いかもしれませんね。

私もご多分に漏れずその一人だったりします。

その原因としてアートを「特別に崇め奉るもの」として扱う学校教育の弊害やアートを消費することしかできなくなっている受け取り手のリテラシーの問題などが考えられます。

また一方で歴史的大観から見ると例えばヨーロッパの場合、最初は宗教布教のためにアートが存在していました。
(例:教会建築・ステンドグラスはじめ内部の装飾)

それがルネッサンスを経て絶対王政時代には王侯貴族の権力の象徴としてアートの位置づけが変わり、近代以降中産階級を経て現代では一般大衆のものになり、アートの位置づけは富や権力の象徴というよりは個々人の問題提起や自己表現の手段の側面が強くなっています。

そのため作品のテーマがより個別的で多様性を帯び、鑑賞する側としては解釈しづらい、といった状況が生まれている面があります。

なのでいきなりその場で理解するよりは前後の文脈や背景を知ることが必要になり単純に作品だけで完結するというより、展示会や美術展で過ごす時間以外の時間も含めて「鑑賞」としてとらえる必要性があるのかもしれません。
そして、正解はないので、わからないものはわからない、好みでないものは好みでない、それで大丈夫なのだというくらいの心持ちが大事になってきます。

画像2

2.心がまえ/視点の持ちよう

アートって感じ取るものだからフィーリングで鑑賞するものだと思っている方も多いかと思います。

ただ、作家やクリエイターの意図や作品の経緯を知らずに見ても何も感じ取れないことも多く、補助線として「フレームワーク」があった方がわかりやすいのではないか?
ということで今回いくつかヒントになりそうな考え方を提示しました。

ビジネスの世界で経営戦略とかマーケティングに携わっている方は4Pとか3CとかPEST分析とかフレームワークを使われる方も多いかもしれませんが、そのアート版のイメージですね。

いきなり心で感じろと言われてもとっかかりがないと戸惑ってしまう、という方はこういうフレームワークを使うのは1つの手かもしれません。
フレームワーク、というと何だかちょっと難しい感じがする方は「頭の中を整理する補助線」ぐらいのとらえ方で良いと思います。

参加者からも意見がありましたが「アート=感性」と私も思っていたので、ロジカルにフレームワークを使うという発想がとても新鮮でした。

守破離の守のような発想なのかもしれません。
一旦フレームワークに当てはめてそのあとは破と離で自分なりの方法でアートと対峙していく、というイメージですね。

画像2

3.勉強会を終えて

私自身は以前に今回の講師役まめさんのアドバイスに従い「個展に行ったら作家さんにまず質問する」を実践し、感想をnoteにアップしたところ、ご本人が読んでくださって、そして感動したとお礼のメッセージまでいただき、
それを読んでまた私が感動して朝から号泣した、というステキな事件を経験したことがあります。

作品を鑑賞し、作家の意図を正しくくみ取る、もちろん、それも重要なことです。
でもそれだけでなく、さらにそこから鑑賞した側が様々な解釈をし、さらに2次創作、3次創作が生まれていく世界。
そういう世界が面白いなーって最近強く思うんです。

昔は全然その良さがわからなかったんですけどね。

だから今は自分が今回のようにアートを学びたいなとか哲学を学びたいなという時にはなるべくいろんな方とご一緒するようにしています。
その方が自分にはない視点にハッとすることもあり、気づきも学びも多いから楽しい。

まさに今回の勉強会も最後のリフレクションで参加してくれた友人が「そもそも人はなぜアート鑑賞するのだろう」って「問い」を投げかけてくれてそれが個人的には一番深い学びでした。

4.まだまだやります

アートと一口に言っても現代・近代・中世...と時代で分類できたり、西洋と東洋でまた違ったり、絵画・彫刻・建築とジャンルも豊富な奥深い世界。
まだまだこれからも続けたいなと思っています。
さらにアート以外も哲学・宗教・宇宙などなど・・・学びたいことはたくさんあります。

そしてその楽しさを多くの方とご一緒出来たら幸せだなと思います。

最後に今回ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
そして講師役のまめさんに感謝!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!とっても嬉しいです!
7
マーケティングコンサルタント/コミュニティ×マーケティングで活動中/NewsPicksアカデミアアンバサダー ゼミ運営OG /Voicyファンラボ一期・二期、Voicyカタリバ/ マーケリアルサロン/ flier book labo /NewsPicks NewSchool運営
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。