見出し画像

目ざわりがいい

視覚に心地いいことを「目ざわりがいい」と自分は言っているのだけど、手触りがいいに近い感覚で、目で触るイメージ。
自分の作品は目ざわりが良いものを目指している。

黒木リンの作品を直接見てもらうと、和紙の毛羽立ちが絵の肌として見れます。

毛羽立ち1

パネルに和紙を貼り、つけペン(丸ペン)を使い、墨で描くペン画です。
引っかかりながら描きます。
描いているとガリガリシャリシャリ音がするくらい。
色はアクリル絵の具で。

なんとか画像で映らないか…と撮って見たけどやっぱり画質がいくらよくても難しい…

毛羽立ち2

やはり画像、写真ではお伝えできない事なので「体感」と言う言葉がぴったりかもしれません。
機種変してカメラもよくなったけど、やっぱりそこじゃないんだなーと。

絵の前に立って、作品の空間を体感してほしい。

絵を見た方に「写真みたい」とよく言われますが、写真の表面はつるっとしてるけど、絵の表面はザラザラなのです。
だから直接見ると、作品たちの表情が豊かに見えるのではないかなと思います。

ちなみに写真の作品、マヌルちゃんは10月のグループ展会場に行きますのでお楽しみに。


画像3

ACT企画 グループ展
【INTRO 8 - コレクター 山本冬彦が選ぶ若手作家展 -】
会期 2019年10月8日(火)~10月20日(日) 
11:00~20:00
※月曜休館
※最終日は18:00まで
◇レセプションパーティー 2019年10月19日(土) 17:00~19:30

会場:The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT5

☟企画展詳細はこちらから
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT195/intro8.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございました。 こちらからのサポートは、黒木リンの作品制作のために使わせていただきます。

反応嬉しいです!
4
新潟に住みながらペン画を描いている画家。読書とゲームが息抜き。制作のことや日々のことを気ままに書いていこうかと。 | web site http://blackxgiraffe.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。