HAZAMA-1_鬣

ハザマのおはなし・・・

私の中にある「ハザマ」という感覚

日常と非日常、その狭間。
現実と非現実、その狭間。

小学校の帰り道、大人になった今も、ふとした瞬間に
今この場所に、ここにはいないものが
今この瞬間に、私の目の前にいたら

それはどう、そこに存在するだろうか?
それは私に気づくだろうか?

そんなことを考える。
単なる記号として、そこにそれがいるのではなく
その「不確かな存在」と「自分」がつながることができる空間。

目をとじて
閉ざされた中で空想するのとは少しちがう
目をあけて
目の前にいるような感覚で呼び起こす。

違和感と心地よさが一体となった、自分だけの現実
「ハザマの世界」
そこからインスピレーションを得て
作品という形で具現化しながら、自分のハザマにあるものを追求していきたい。

作品を通してあなたにも視えますように…




画像1


黒木リン|Rin Kuroki web site
http://blackxgiraffe.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございました。 こちらからのサポートは、黒木リンの作品制作のために使わせていただきます。

反応嬉しいです!
3
新潟に住みながらペン画を描いている画家。読書とゲームが息抜き。制作のことや日々のことを気ままに書いていこうかと。 | web site http://blackxgiraffe.com

コメント2件

とても目触りのいい、とくに青が気持ちいい絵ですね!
今は行けませんが、いつか元気になったら展示会に行って本物を拝見したいです。はじめましてで差し出がましいかもですが、活動応援します。
ゆくもわたあめ さん
はじめまして。noteを見つけていただきありがとうございます。
いつの日か機会が合えば、ぜひ絵と対面して頂ければ幸いです。
こうしてコメントをいただき、目ざわりの良さも感じていただけ嬉しかったです^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。