見出し画像

文系院卒なのに、釣りの餌「ゴカイ」の獲り方を学ぶ

アクセスありがとうございます!

本日は、釣りがテーマです!
私は釣りもズブの素人なのですが、これから学んでやろうと野心を燃やしております。

それで今回はまさかのエサ特集です!

どうぞ!

海辺を散歩していると

ある日、こんな綺麗な浜辺(自宅から徒歩一分)を散歩していると

こんな人に遭遇

何をしているんだ?左手にはバケツを持っている。右手には砂をかき出す道具。

「何してはるんですか?」

突撃!

釣り餌を探して

「ゴカイを探しとる」

とおじいさん。

おじいさんは、俺のことは酸素ボンベのおじさんとでも呼んでくれとのこと

確かに、背には呼吸用の酸素ボンベを背負っている。

ゴカイってたぶん、釣りをしない方には馴染みがないですよね?
僕も10年以上前に父と釣りに行ったとき以来のご対面です。

そのとき、父はゴカイを「購入」してました。

そして、これが酸素ボンベのおじさんが獲った

ゴカイ。

苦手な人、ごめんなさい。でも、これがいいらしい。

ていうか、ゴカイって買わなくてもいいんだ。

とふと思う私。

他にも

小さいカニ

小さいエビ

アサリ

なんかも見つかりました。

キレイな海には生き物が沢山いるんだなと、感心してしまいました。

自分でもやってみる

後日、私も一人でゴカイ獲りに挑戦!

酸素ボンベのおじさんに教えてもらったように、

こういう岩をひっくり返してみると

いた(笑)

写真の中の、赤い筋の入った生き物が、ゴカイです。見えるかな。

放っておくと砂に隠れちゃうので、急いで捕獲。

岩をひっくり返しては、覗き込んで、砂をガシャガシャ。

を繰り返すこと20分

そこそこ獲れました。

この島では釣り餌、いらねぇな(笑)

そうして、一息ついていると、この日は犬を連れたおじさんが

「なんやゴカイか?メバル狙わなあかんぞ〜」

と声をかけてくれました。

ゴカイがあると、メバルが釣れるのか?
というか、メバルってあの黒いやつか?

よし、ゴカイを持って釣りに行くときは、メバルとやらを狙うことにしよう!

と心に決めて、この日の作業は終了です。

ふと空を見上げると、

いつの間にか日も沈みかけていました。

都会にいたときは、日暮れなんて気にしてなかったなぁと、しみじみ。

なんか贅沢気分。

ーー

本当に釣りをするには持ってこいの島です!

島民の皆様のおかげで、釣りど素人の私でも釣具だけは一丁前に揃ってます(笑)

これから暑くなるとは初心者の私でもキス、メバル、ベラが、
装備をちゃんと持ってる人は、スズキや鯛なんかも狙えるようです。

もちろん季節によって旬の魚は変わるので、それも楽しみですね!

ここまでお読みいただきありがとうございます!よろしければ、フォロー&スキよろしくお願いします!!

もう少しだけ私を知ってくださるという方は

こちらもよろしくお願い致します。

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂戴したサポートは、より多くの方が島に遊びに来やすくなる仕組み作りに活用させていただきます(農業体験、農泊etc)。皆様に心地よい「読後感」を味わってもらえるよう、noteでの活動も日々精進いたします。

感謝・感激・雨・あられ!お礼に島ネコを!
1
限界集落の離島から心地よい「読後感」をお届けします■香川県丸亀市「さぬき広島」に単身移住■幻の唐辛子「香川本鷹」の栽培・農泊事業に挑戦する人🌶■エッセイ・コラムがメインです #観光学修士#北海道大大学院#和歌山大観光#25歳

こちらでもピックアップされています

瀬戸内離島移住「さぬき広島奮闘記」
瀬戸内離島移住「さぬき広島奮闘記」
  • 30本

香川県丸亀市の離島「さぬき広島」に単身移住!! そこでの活動、日常、気づきを投稿していきます。 今後の離島移住のヒントが詰まったマガジンです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。