見出し画像

⑨子宮頸がんワクチンに対する医師の無理解が問題となっている?

つくば市議への一般質問にひとつずつ答える形で全8回の予定でお届けしてきた「子宮頸がんワクチンをめぐる質疑への回答」ですが、最後に市議が行った子宮頸がんワクチン接種後に症状を訴えている人たちの治療に関する質疑に関し、大切な情報を提供したいと思い9本目の記事を書きました。

Q. 医師の無理解がひどい。医療機関を受診しても詐病扱いされる。精神的なものと言われ、心無い言葉を言われる。母親は受けさせたのは自分と、自分を責める。詐病扱いの大元凶は2014年1月、厚労省副反応検討部会の「論点整理」という資料。議事録を読んだが、たった1回の議論で「他に原因がないから精神的なもの」「接種後1か月以上たっているからワクチンとの因果関係は否定的」などと乱暴なまとめだった。医師が被害を疑わない場合には国に報告が行かない。

この続きをみるには

この続き:1,554文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
興味ある質疑について単体でご購読していただくこともできますが、疑問や不安をすっきりまるごと解消するには、マガジンがお勧めかつお得です。

「定期接種なのに接種率0.3%」という子宮頸がんワクチンに対し、最近では、接種率を上げるべくアクションを取る政治家も増えてきました。副...

わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜ...

noteで発表していく私の記事がぜんぶ読めるマガジンです。継続的に執筆をサポートしてくださるという方向けです。メディア記事には書かない...

noteで発表する私の記事がぜんぶ読めるマガジンです。取材や執筆の舞台裏エピソードも織り交ぜつつ、医学・科学の問題について書いていきま...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

実質無料の記事もありますが、正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです。

スキありがとうございます。
15
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。