新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

WHOの「噂の監視」システムを使って新型コロナ発生の噂を検証した結果

昨日、6月12日に北京の市場で発生したという新型コロナのクラスターについて、北京市幹部は「非常に厳しい」と述べ、20万人を検査することが発表されました。これまで中国についての情報と言えば、中国当局の発表をもとにしたものばかりでした。メディアの報道もそうです。しかし、流行をキャッチする方法は他にはないのでしょうか。当局発表に先行して流行を把握するためにWHOが行っている作業に「噂の監視」があります。前回記事「AIを駆使した噂の監視」ではこの噂の監視の概要を紹介しましたが、今回は、WHOが新型コロナ発生を把握するに至ったという12月31日付の「噂」について、WHOが利用する「噂の監視」システムを使って、実際に検証してみました。その結果は――。ぜひマガジンで。

この続きをみるには

この続き: 2,873文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】のバックナンバーです。定期購読していなかったけれど過去の記事をお得にまとめて読みたいという声に…

または、記事単体で購入する

WHOの「噂の監視」システムを使って新型コロナ発生の噂を検証した結果

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
10
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
  • ¥10,000 / 月

現在ほぼ毎日記事を更新しています。「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。