「コロナはもう脅威ではない」宣言したデンマークの新集団免疫戦略
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「コロナはもう脅威ではない」宣言したデンマークの新集団免疫戦略

9月6日、ワクチン接種率が72%に達し「コロナは社会的脅威でなくなった」と宣言したデンマークでは、マスクは無し、コロナ陽性になった子ども自動的に学校を休む必要はなくなりました。バーやレストランでワクチン接種証明を示す必要もなくなりました。

画像4

要するに、ほぼ元の生活に戻すことを決めたのです。

パンデミック開始当初、リスクの高い高齢者だけが行動制限を受け、若い人は感染で集団免疫を獲得させるという「スウェーデン方式」は、デンマークを含む近隣のスカンジナビア諸国からも強い批判にさらされました。

中でもデンマークは保守的で、昨年3月、ヨーロッパでも一番最初にロックダウンに入りました。ワクチンができると真っ先に、ワクチン未接種者の入国を認めないという厳格な入国基準を採用しています。決して、スウェーデン式の集団免疫戦略を良しとしているわけではないことが分かります。血栓の問題が報告されたアストラゼネカ製ワクチンについては、EUで最初に接種を中止し、副反応に無頓着にワクチンを勧めているわけでもありません。

しかし、デンマークはただ何事にも保守的だという訳ではなかったようです。

新規感染者数が増えても入院者数が増えてこない状況を確認した上で、集団免疫が成立すると言われていた接種率70%のラインに達したここからは、重症化しない子どもは感染で、ワクチンを打った大人は感染でブーストしながら、ワクチンを打たなかった大人は重症化や死亡のリスクを負うけれどそれは自己責任でという形で、残りの免疫を獲得していくアプローチに切り替えたのです。

ワクチンと行動制限の組み合わせに関する考え方は国によって大きく異なります。

日本は「ワクチンを接種しても集団免疫は成立しません」だから「制限は今後もずっと必要になります」と国が言ってしまうほどの制限原理主義。欧州の大半の国は、それはとはまったく異なるアプローチをとっています(前回記事「集団免疫はできない』という悲観的な誤解」を参照のこと)

そして、デンマーク式はほかのヨーロッパ諸国とも違う、また新しいアプローチです。

当然、賛否両論はあります。たとえば、

この続きをみるには

この続き: 1,177文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
最近は新型コロナときどきワクチン、その他あれこれで、内容の詰まった記事を頻繁に更新しています。これを機会に是非ご購読ください。

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」ではわたし書くすべての記事を読みたいという方、定期購読で応援してくださる方向けです。執…

新型コロナウイルス流行中につき、現在、超高頻度で記事を更新しています!

noteで私が発表する記事がぜんぶ読める基本のマガジンです。継続的に執筆を応援してくださる方、私の書いた記事を大体ぜんぶ読みたい!という方…

または、記事単体で購入する

「コロナはもう脅威ではない」宣言したデンマークの新集団免疫戦略

村中璃子 Riko Muranaka

498円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
村中璃子 Riko Muranaka

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
医師・ジャーナリスト。命や健康に関わるフェイクニュースに傷つかない、騙されないために。著書に『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』(2017年2月)『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』(2020年8月)