見出し画像

#22 有意義な時間と韓国。

1 有意義な時間。

かなり久しぶりに書きます。やっぱり書くことがないと、noteは進まない。当たり前だけど。でも、それは、吐き出したいことがない、心が空の状態ってことだから、いいことだと思う。もやもやしてると、いろんなことを自動的に思考してしまうから。今日は、もやもやというか、アウトプットのために書きます。

この間、出張で研修会に参加した。近年で一番勉強になる研修会だった。本当今までの研修会は、なんだったんだって話。従来の研修会は、文字だけやたら打った、パワポを見せられて、だらだら説明を延々と聞くだけ。面白みの欠片もない。眠くなる。

しかし、今回はもっと教えてください、と言わんばかりに充実した内容だった。無料なのが不思議なくらい。初めて、お金を払いたいと思った。

その力のある講師のことを忘れないために書いておく。自分も話すときの参考にしよう。

まず、声がハキハキしていて、自信に溢れている。いろんな経験だけ話すのではなく、その経験がなぜいいのか、データを示してくれているから、説得力が生まれる。そのデータも分母数が多く、信憑性が高い。あんだけ、自信満々に嫌みなく話されると、気持ちいいもんだ。

あとは、前も書いたが、やっぱりパワポの使い方。話している内容を書くのではなく、話しているテーマを書いていて、それについて、分かりやすく、砕けた感じで話す。すごいすっと入ってきて共感できたし、勉強になった。メモも沢山とった。そして、一通り話し終わったときに、まとめがそこに書いてある。これで、さっきの話がすっきりと言う感じ。

話すのがうまい人は、はい、でははじめます!って、かっちり話を始めないんだよね。自然と始まって、流れとかつなぎとかも自然で、話が飛ばない。スムーズ。川の流れのように。大枠を示してから、細分化していくように話す。これが理想。

あとは、パワポは、文字はほぼいらない。だって、文字で説明書いてたら、顔を上げて、聞く意味がないから。

それからそのあとも、時間にぎっちり知識を詰め込んでくれて、実際に活動できて、充実度がものすごかった。いろんなところで講演をしているから、次の内容まで、流ちょうに出てくる。ノンストップで、何時間もよく話できるなって思った。本当に、間という間がなかった。確かに聞く側は飽きない。

ゆっくり話せば聞きやすいが、正直人間はある程度早口でも大人は聞き取れるから、早口でどんどん言ってくれた方が時間としての密度や情報量は濃くなり、多くなるので、自分もそうしようと思った。

この方のおかげで、説明の仕方を勉強できたし、説得力のある話し方など、これから仕事に生かせそうだ。

2 韓国。

最近、韓国ブームが自分の中で来ている。音楽とか、ファッションとか。

ただそれだけ。笑

あと今日服と靴を買った。

またきてください!
3
様々なことに疑問をもちながら生活をしている20代男。人生とは何かを考える日々。働き方や社会のおかしいと思うことについて主に書いています。生きづらさ。日本って窮屈。外国行きたい。転職も本気で考えています。人生は一度しかない。好きなことで生きたい。縛り付けているのは、自分なのかも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。