見出し画像

イベントと、石膏型と / RicoPan

りこぱん。

秋のハンドメイドマルシェに出店が決まりました。
どうしよう、最後にイベントに出たのは数年前なので不安でいっぱいです。
(まだちょっとSNSで告知していませんがそのうち白状します。)

前回は遠方での開催(東京のビックサイト)だったので、
彼を助っ人に、たった1日の出店が本当に大変だったのを覚えています…。
楽しみ半分、不安が半分…を超えそうな心境。
特に今回はスクエアのブースを2日間お借りしてしましま…しまうまじゃない、しまいました。(焦りすぎ)
什器共々間に合うんでしょうか。わかりません。間に合わせます…。

石膏型7:17

手始めに、おそらくメインとなる本革バッグに使用する型を制作しました。
型は石膏でできています。

本革を染め、立体に成形する「パンの革」シリーズ。
学生時代、パンのクラスト(外皮)を表現する染め方を研究していました。この手法を別の素材に応用できないかな、と考えたのがきっかけで、
在学中に実物大のメロンパンと、バゲットの本革バッグを制作しました。

画像2

(革はレザークラフト講師を40年務めたベテランの祖母に習っています。)
染めの手法は期待以上に革との相性がよかったのですが、より実在感が欲しいと思い、試行錯誤しながら立体成形を試みました。
立体による陰影と、染めの重なりから、納得の仕上がりに。
バゲット以外に何を入れるんだ、というサイズだったのでこれは非売品。
以来、少しずつパンの種類を増やして試作しているので、
今回お披露目できたらなぁ…と思っています。

金沢の夏はとんでもない湿度なので、型が全然乾きません。
乾くまで何か別のものを作ってこようと思います。
本日はこの辺で。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後までご覧いただきありがとうございました。
過去の作品はHPからご覧いただけます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!