新レギュとサンダースGX

こんにちは。づっぽけ所属のりっくと申します。前回、ポケモンGOスーパーリーグについてノートを書かせていただきました。お読みくださったみなさん、ありがとうございます。今後もし界隈が盛り上がってきたら、そちらの記事も書きたいと考えています。

さて、前回の記事の冒頭で、こんなことを書きました。

普段はポケモンカードをしばいていますが、〇よ君や〇ほ〇ほ君のように実力があるわけでもなければ結果を残しているわけでもありません。だからポケカの記事は書けません(白目)

あ れ は 嘘 だ

いや、8割本当ですが。〇よ君や〇ほ〇ほ君みたいにポケカが上手くないことは確かです。100人に聞いたら5000人くらいがそう答えます。では、なぜ私がポケカの記事を書こうと思ったのか。

書いてみたくなった

つまりそういうことです。あとは、こうやって文字に起こすことで自分が今後しばらく使おうとしているカードの特性なんかも詳しく知ることができたり考え方を整理したりできるかなぁと思いました。
前置きはこのくらいにして、本題に移りましょう。今回のテーマは、

新レギュレーション、サンダースGXがワンチャンあるのでは?

です。よろしくお願いします。

・ブイズについて

サンダースGXに触れる前に、そもそもなぜブイズに注目したのか?それは、タッグオールスターで登場した各種ブイズ、特にイーブイが強いと感じたからです。


画像9

上ワザ「しっぽにとまれ」。デッキにあるイーブイ(GX込)を展開できます。

強くね?

新レギュにおいて、このワザはかなり強力なものだと考えています。というのも、今までとても強力だった汎用カード、ネストボールがスタン落ちするからです。私は、Vポケモンという強力なたねポケモンを作る都合上、ネストボールは新レギュで再録されないと考えています。そのため、たねポケモンを展開できるカードは希少で、異常なまでの展開力を持つこのカードは、相当やばいのではないでしょうか。

また、進化ブイズ達の特性も、かなり優秀です。HPを60上げるシャワーズ、要求エネを無色1つぶん減らすサンダース、火力を30上げるブースター。サーチカードを失って立てにくくなると思いきや、デデンネGXや博士の研究でデッキを掘れるため、そんなに苦労せずに立てられると思われます。

・サンダースGXについて

ここから、サンダースGXについて触れていきます。2019年11月8日現在のスタンダードレギュレーションにおいて、イーブイから進化するポケモンGXは全部で8種類います。その中から、サンダースGXを選んだ理由を書いていきます。各種ブイズGXを載せておくので、参考までに。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

まず、「エーフィGX」「ブラッキーGX」「ニンフィアGX」はスタン落ちするので使えません。残り5種のテキストを読んでいただくと、なんとなく分かると思います。

サンダースGX、他よりやばいこと書いてない?

・技のコスパ
他のブイズは3エネで110~190出せますね。それも、再録が確定していないニコタマ要求だったり、ついているエネの数依存だったり、エネルギーをトラッシュする必要があったり。グレイシアGXの3エネ前90後30は使いやすそうですが。ところがこのサンダースGX、なんと2エネで110出ます。しかも要求が雷無。


強くね?

上ワザも優秀です。雷エネ1つで前30後30。

強くね?

・逃げエネ
こいつだけ0です。

強くね?

・GXワザ
雷無110、次ターンにワザのダメージや効果を受けなくなります。

強くね?

グズマやカウンターキャッチャー、あなぬけのヒモがない新レギュにおいて、1ターンの無敵を得る能力は非常に強力。

まぁ、サンダースGX単体での強さはこんなところですね。

・雷タイプを取り巻くカード達

ハイパーボール、ネストボール、リーリエ、こだわりハチマキ・・・ほとんどのデッキを支えてきた汎用カードの多くがスタン落ちします(ほとんどはすぐに再録されたりかわりのカードが出たりすると思いますが)。しかし、雷タイプのデッキは、まだまだ強いカードをたくさん保有しています。

・デンジ

画像10

デッキにあるグッズと雷エネルギーを1枚ずつサーチできます。ここからプレシャスボールでサンダースGXを立てるもよし、後述するエレキパワーで火力を上げるもよし。非常に器用です。また、イーブイが1体立っていれば、これ1枚で殴れるサンダースGXを用意できます。デンジは今後より一層強力な雷タイプの武器となるでしょう。

・エレキパワー

画像17

雷デッキではおなじみの火力上げグッズです。サンダースGXはワザのコスパこそいいものの、所詮は110しか出せません。こだわりハチマキもないので、火力不足に陥りがちです。しかし、このカードでそれを補うことができます。

・電磁レーダー

画像12

手札を2枚切ってデッキの雷GXを2体サーチするグッズです。ハイパーボールなき新レギュ、サンダースGXとデデンネGXを持ってくることができるのが非常に強い。

…と、このように、豊富な補助カードを持つ雷デッキそのものが強いといえますね。

・サブアタッカーの充実

雷デッキ、実はサブアタッカーも多いんです。
たとえば、V筆頭候補のカプ・コケコV。

画像13

サンダースGXの逃げエネ0を活かしてサンダーを使うのも強いですね。

画像14

変わったところでは、デンジュモクなんかも。

画像15

サンダースGXがエネルギー1枚でガンガン殴っていけますから、後続のサンダースGXやサブアタッカーを立てるのが比較的楽です。

・戦い方

ここからは、実際の戦い方についてお話しします。まず、自分なりに組んだ新レギュのサンダースGXデッキです↓

画像16

(通常コケコ→コケコV、リーリエ→博士の研究)

戦い方は非常にシンプルです。

イーブイを展開

デッキ掘りまくってブイズ展開

サンダースGXで殴りまくる(余裕があればコケコVを育てる)

これだけ。
難しいのは、エレキバレットとヘッドボルトの使い分けです。ブースター+エレパでエレキバレットで前90後30出せますから、なかなかバカになりません。すなわち、サンダースGXで殴るときに、
・後ろにダメージを乗せておきたい相手がいるかどうか
・前を倒していいのかどうか
をよく考えましょう。現在はタッグチームGXが環境の大多数を占めているため、サンダースGXでは主要なポケモンをワンパンできません。すぐにブースターを立てられるとも限らず、エレパを毎ターン使えるわけでもありませんから、あらかじめ30乗せるかどうかで2パンできるかどうかが後になって響く場面も少なくありません。

・おまけ

デッキのレシピを見たときに「!?」となったカードがあったかと思います。ここではそれについて話をします。

ジァイアントボム

画像17

ポケモンについているこのカードは、相手の番の終わりにトラッシュする。
このカードをつけているポケモンが、バトル場で相手のポケモンから「180」以上のワザのダメージを受けたとき、ワザを使ったポケモンにダメカンを10個のせる。

このカードは、この記事を書く少し前に見つけたサンダースGXデッキのレシピを見てとても感動したカードなんですよね。これがあることで、主に三神に強く出られます。
「180」というダメージラインが非常に偉く、リザテルのシャイニーフレアや、オルタージェネシスGX後のアルティメットレイがちょうど180なんです。これをつけたサンダースGXがアルティメットレイを受けて、ギリギリ耐えつつダメカンを10個乗せ、返しにブースター+エレパで計270まで出すことができます。あらかじめエレキバレットで30乗せておけば、サンダースGX1体で三神を取ることができます。このギミックを利用すれば、180以上の打点を持つタッグチームGXに対して強く出ることができます。シャワーズが立てばフレアストライクを耐えられるのも大きいですね。

・まとめ

新レギュレーション、サンダースGXはワンチャンある!(多分きっと)

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。文章力もポケカの実力実績もない私のポケカ記事、少しでも需要があったかは分かりませんが、こういう考えもあるんだな程度に思っていただければと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。