え、この人なの? 作曲者編

カラオケで曲を入れると、曲が始まる前に必ず

作詞 ●●●● 
作曲 ○○○○

って出ますよね。

いわゆるシンガーソングライターの人(aikoなど)だと
作詞・作曲どっちも歌ってるその人、ってことが多くて
別になんとも思わないですよね。

ただ、世の中の曲には
「え!作詞・作曲してるのこの人なの?!」
ってなることもありますよね。

今回は、実は作曲者はこの人なんだよ〜!
というのを紹介していこうと思います。


①硝子の少年 KinKi Kids

KinKi Kidsの記念すべきデビューシングルですね。
stay with me のヤツです。

こちらの作曲は僕の超大好きな山下達郎です。

曲を作るにあたって山下達郎は、ジャニー喜多川さんに
『オリコン1位!ミリオンセラー!』という条件を出されたようです。
恐ろしいプレッシャーですね笑

ちなみに作詞は松本隆です。
もうこんなん良い曲になるに決まってんだろ…

山下達郎は他のアーティストにも色々と曲提供をしています。
そしてよく自身のライブでセルフカバーしています。
僕も去年行ったライブで、山下達郎バージョンの硝子の少年を聴きました。


② GLAMOROUS SKY 中島美嘉

中島美嘉と宮崎あおいが主演の映画『NANA』の主題歌として有名ですね。

このCDが発売した時、僕は中学生だったのですが、発売日は部活をサボって近くのGEOに買い行きました笑

こちらの作曲は、L'Arc〜en〜Cielのボーカルhydeです。
hydeが曲を提供するのはこれが初めてだったそうです。
こちらもhydeのソロライブだったりで、セルフカバーされてるようです。

ちなみに曲が発売された時のMステに、hydeはギターとして中島美嘉と一緒に出演してました。
何か派手にギターソロ(当て振り)を弾いていた記憶が……

作詞はNANAの原作者、矢沢あいさんです。
「稲妻TUESDAY」って歌詞が当時も今も、よくわかりません。


赤いスイートピー  松田聖子

ちょっと昭和になりますがこちらも名曲ですね。

作曲者は呉田軽穂です。



え?誰それ?
って思った方いらっしゃいますよね。

呉田軽穂、というのはユーミンこと、
松任谷由美のペンネームなんです。

ユーミンは曲提供をする時、このペンネームを使うそうです。

セルフカバーはラジオで演奏された事があるようですが、音源は無いようです。

ちなみに作詞はまたしても松本隆!
そして編曲は、旦那さんの松任谷正隆です。

そりゃ良い曲になるし売れますわぁ〜


これまでの作曲者みなさんに言える事ですけど、自身でもヒット曲持ってて
提供曲でもヒット曲出してるってめっちゃカッコ良いですよね〜



さて、今回はこの辺にしておこうと思います。
こんなの挙げていけばキリが無いんですけどね笑

わりとメジャーな曲を中心に紹介してみました。

次回は作詞者編を考えてみようかな??

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
カレーと音楽が大好きです🌞 音楽はCITYPOP/AOR/70’s80’s洋楽全般/山下達郎/土岐麻子/東京事変/などが好きです💿 レコード沼にハマっています… 鍵盤好きでRhodes(ローズピアノ)を持っています🎹 音楽活動もしていてYOUTUBEにMVや演奏動画があります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。