見出し画像

社協はコーディネーターとしてアップデートされるか

 8年目の3月11日まであと2日ですね。さて、福島の被災者支援では最前線で奮闘されていたのが、福島県の社会福祉協議会(通称:社協)です。福島県社協に招いていただき、福島県のすべての市町村社協の事務局長や役員の皆様むけに講演をして参りました。
  社会福祉協議会は、地域の社会福祉やボランティア活動を推進している半官半民の組織です。災害時にはボランティアセンターを立ち上げ、被災者ニーズとボランティアをつなぐ役割も果たします。

 社協も、福祉関係者だけではなく、NPOや企業といった多様な主体とのコラボレーション(連携)が必要になってきています。このあたり、地方制度調査会でも議論されている「公共私のベストミックス」や、新公益連盟が推進している「コレクティブインパクト」にも通じます。そうしたトレンドを理解しており、また福島復興にも関わっているということで、今年のトップセミナーの講師を私が努めました。
 やはり釜援隊やこども宅食といった事例を紹介しながら、外部人材やNPO・企業と連携することの可能性と課題をお伝えしました。
 社協自体も半官半民であり、さまざまなコーディネイトを長年づつけてきた組織です。社協が新しい時代のコーディネイトができるようになることは、地域にとって大きな意味があるように感じています。
 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
RCF代表。一橋大学卒業後、マッキンゼーを経て独立。社会事業コーディネイター集団として活動しています。著書に『社会のために働く』(講談社)『人生100年時代の国家戦略~小泉小委員会の500日』(東洋経済新報社)、共著に『東日本大震災 復興が日本を変える』(ぎょうせい)他
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。