見出し画像

通年採用が本格的に始まる前にウェブでしておくべきこと

前に大学と経団連との間で「通年採用」が合意され、新卒一括採用という今までの採用活動に終止符を打つと言われています。通年採用はつまり新卒・既卒関係なく、また一律4月入社という概念がなくなり、いつでも就職活動ができるという仕組みです。アメリカなどの欧米諸国ではごく当たり前な仕組みですが、日本では新卒一括採用+中途採用という2本柱の仕組みで今まで対応していたため、通年採用の合意は、日本の企業に大きな影響を与えることになると言われています。
では通年採用になることで企業が何をしなければならないのかを、ウェブという切り口でお話しします。

会社サイトに採用ページ1ページでは限界を迎える

私が見てきた会社サイトの9割が会社サイトに採用ページを1ページ掲載している状況です。採用ページには募集概要のみが掲載されていて、問い合わせ用のメールアドレスが記載されているだけです。
今まではそれでも問題ありませんでした。事業の内容や所在地などは既存のページを見れば不足分は補えます。しかし就職希望者は必ずと言って良いほど「会社サイト+採用サイト」を見ます。その第一印象によってはすぐに離脱してしまうこともあり得ます。
そのため従来の採用ページ1ページのみの掲載では採用活動に限界を迎えます。

採用サイトは当たり前、それを超える採用メディアが必要不可欠

画像4

インターネットが発達した2000年以降は「会社がウェブサイトを持つのは当たり前」と言われていました。2020年以降は「会社が採用サイトを持つのは当たり前」だと私は考えています。さらに言えば会社が採用サイトを持ちつつ、継続的なコンテンツ運用は必須で採用サイトが一つの「採用メディア」として確率させる必要があります。
これは企業の規模関係なく、人手不足を解消したり、一人でも多くの人材を獲得するためには必要なものだと推測できます。

さまざまなITツールを駆使する必要がある

画像2

現在世界中で感染しているウィルスの影響で、会社説明会や就活フェアも中止になっている中で注目されているのが「オンライン」での説明会や面接です。つまりこれはインターネット会議システムを使って、説明会や面接を行うというものです。この2〜3年でインターネット会議システムのサービスはたくさん生まれ、幅広い場所で活躍しています。
私の会社ではZoomWebexを使って、クライアントとのミーティングや面談に利用しています。
また会社説明会で流す動画はYoutubeなどにアップして、いつでも求職者が閲覧できるようにチャンネルを作っておくことも必要になります。いろいろなコンテンツを試してみても、動画が求職者に一番響きます。これからは採用サイトに動画を組み合わせたコンテンツ展開が必要になると考えています。
さらに求職者からのエントリーを管理するのに、WordPressで採用サイトを組んだ場合、問い合わせプラグインの「MW WP Form」を使うと、エントリーした求職者を一元管理することができ、ステータス管理もできます。
場合によってはFacebookページの求人機能を使った求職者管理も使い勝手が良いです。
これらのように、通年採用となると様々なITツールを駆使しながら採用活動をする必要になります。

Googleしごと検索などの活用

特に中小企業の場合、大企業と違って財務的にも人事の体力的にも小さいため、なかなか高額な求人媒体に掲載することは難しいです。とはいえ、今では多くの費用を抑えた求人媒体もありますので、いくつか組み合わせて掲載するのも一つの方法です。
例えばIndeedやWantedly、前にお話ししたFacebook求人機能、またGoogleが始めた「Googleしごと検索」を使ってインプレッション(露出)を増やします。大企業の場合は採用サイト1つで人を集められますが、中小企業の場合は扉をなるべく多く設置して人を集めることが一番の近道です。

画像1

今ウェブですべき2つのポイント

結論としては、

・採用サイトを立ち上げる
・採用サイトをメディア化するためにコンテンツを作る

の2つを、まずは1年かけて実施します。
採用サイトの成果は、エントリー数だけで捉えるか定着までを捉えるかで結果が異なります。詳しい違いは前に私が書いた記事『採用サイトで成果を上げるためのポイント』を参照してください。
本格的な通年採用は2022年卒業予定の大学生からと言われていますので、遅くても今年の夏からは対策が必要です。まずは1〜2年かけてコンテンツを1ヶ月に1つでも良いので積み上げていき、通年採用が始まるときにはある程度コンテンツのある状態でスタートできればベストです。

採用サイトは明確な目標と計画、継続力を

画像3

採用サイトはただ作って終わりでは成果は上がりません。大事なのは採用に関する明確な目標と計画、そして継続・持続力です。
弊社では採用業界に20年以上在籍していたプロの採用コンサルタントとタッグを組んで、採用に関する企画から運用までを全力でサポート致します。自社の採用経験なども活かしながら継続して採用活動ができるように、ノウハウを提供しながら進めて参ります。
他者に差をつけられる前に対策することが成功の近道だと考えています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ、ありがとうございます!
2
東京の八王子で「レトリバーデザイン有限会社」というデザイン会社と、世田谷で「manyCATE株式会社」を経営しています。日々感じるウェブ、プログラミング、ブランディング、デザイン、ビジネスのことをお話ししていきます。お気軽にフォローしてください。フォロー大歓迎です!

こちらでもピックアップされています

起業のこと、働き方のこと、ウェブのこと。
起業のこと、働き方のこと、ウェブのこと。
  • 15本

起業、働き方、ウェブを中心に、フリラーンス、パラレルワーク、複数企業経営など、今まで経験したことや考えていることなどを綴ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。