アトックスの福島復興支援のまとめ

株式会社アトックスは、2014年に福島復興支社を設立しました。これは東日本大震災の影響を受けた福島地区に対して、復興事業を行うためのものです。主に福島第一原子力発電所内の汚染水処理や放射線管理、周辺地域の除染活動などに取り組んでいます。

ここではアトックスが行っている福島復興事業についてまとめたので、ご紹介していきましょう。

アトックスの福島復興事業について

アトックスは東日本大震災の以前より原子力施設に事務所を設け、保守管理や放射線廃棄物処理などの事業を行ってきました。そして、福島第一原子力発電所の事故以降は廃止措置に向け、自社の最優先課題と位置付けて福島復興事業の展開を決定しましました。

そこで福島県双葉郡富岡町に設立されたのが、福島復興支社です。具体的にどのような事業を行っているのか、ご紹介しましょう。

画像1

福島復興支社 富岡倉庫 [画像元:http://www.atox.co.jp/business/fukushima/]

・廃炉工事
汚染水を貯めているフランジ型タンクを速やかに解体するために取り組んでいる業務です。主な業務はタンク内に残った汚染水の移送やクラッドと呼ばれるステンレス鉄性のカバーの回収・清掃業務です。また、建屋内における放射線量を軽減するために、線量調査と除染活動も実施しています。

高線量と診断された箇所に対してはドローンを活用して、線量の測定を行っています。従来の装置では行き届きにくい部分は、アトックスが独自開発した小型遠隔除染装置「RACCOONⅡ」を導入して除染を可能としました。

ドローンと小型遠隔装置を用いることで、安全性を確保しつつ、適切な調査と除染活動に努めています。さらに後ほどご紹介していきますが、アトックスでは技術開発センターを設けており、廃棄物処理技術の開発を手掛けています。画像2

[画像元:http://www.atox.co.jp/business/fukushima/]

・設備工事
汚染水にはセシウムやストロンチウムなどの放射性物質が含まれており、汚染水対策を目的に設備の運転や保守管理に取り組む業務です。放射性物質を取り除くために、「KURION」と「SARRY」という2つのセシウム吸着装置を建屋内に設置して稼働させています。

さらに、トリチウム以外の放射性物質を除去するために、「ALPS」という多核種除去設備の運転・保守管理などを行っています。


・環境施設
強い放射線は人の体に健康被害を与えるリスクがあり、発電所での作業は危険を伴う業務です。アトックスは復旧作業に関わる従業員に対して、適切な防護措置を実行できるよう、定期的に構内の放射線測定を行っています。

さらに自治体施設などの清掃も行い、健康被害のリスクを低減に努めています。

・地域復興
アトックスは福島県内にある汚泥処理施設、浄化センター、除染工事の施設などに対しても、放射線管理や廃棄物処理といった業務を展開しています。
また、福島復興支社に倉庫を設け、地域のニーズの応えられるように努力しているようです。

復興事業を支える技術開発センター

アトックスには技術開発センターというものがあります。これは7棟の研究用建物で構成されており、アトックスの事業に関する技術開発が行われている施設です。技術開発センターでは主に医療分野で使われるガンマ線の試験研究、各種測定・分析、評価業務、原子炉ウェル模擬施設での試験運転、訓練などが行われています。

また、研修や訓練施設の機能も兼ねており、ここで技術者の育成やスキルアップが行われています。アトックスの様々な事業に関わる施設ですが、福島復興事業でも重要な役割を持つ場所です。

資源エネルギー庁は「総合的線量低減計画策定」と「円筒容器内水位測定のための遠隔基盤技術の開発」というプロジェクトを設立しています。アトックスもこのプロジェクトに参画しており、技術開発センターを中心に復興事業を推進しております。

今後も様々なプロジェクトに参画・連携し、また国内外の機関と技術協力をして、復興活動に努めていくようです。

復興事業に向けた技術開発の取り組み

アトックスの技術開発センターでは、福島復興に向けた技術開発が積極的に取り組まれています。具体的に行われている技術開発や施設サービスについてご紹介しましょう。

・最新の除染、検査技術の開発
発電所の廃止措置を見据え、高線量の環境下でも安全に作業できる技術が必要です。そこで、アトックスは長年培われた除染・検査技術に、遠隔操作技術を組み合わせて、最新の除染装置などを開発し、現場に導入しています。今後も廃止作業を考慮し、技術開発センターで最新の機器開発に取り組んでいきます。

・廃棄物処理の技術開発
発電所の廃止措置の過程で廃棄物が発生します。これらの廃棄物は放射性物質が含まれるものや、金属廃棄物が中心なので、一般的な廃棄物以上に適切な処理が必要です。技術開発センターでは放射性廃棄物の処理方法や金属廃棄物の解体・減容工法の開発に努めています。

アトックスは廃止作業で廃棄物処理技術は必要な技術であり、福島の環境回復にもつながる重要な要素と捉えて積極的に開発を進めています。

・放射能の測定サービス
福島第一原子力発電所の事故以来、アトックスには自治体や企業から放射線の測定・検査依頼が相次いでいるようです。技術開発センターでは各種測定・試験ができる施設を設けています。施設を活用したサービスとして、水、土壌、作物、食料、井戸水などの安全性を確認するために、放射性物質の測定を継続的に実施しています。

画像3

ゲルマニウム測定装置による環境試料中の放射能測定[画像元:http://www.atox.co.jp/technique/centre_introduce/]

まとめ

アトックスは最新技術を用いた廃止措置を中心に、幅広い事業で福島復興に貢献していることが分かりました。最新技術の導入により炉内の調査や除染は可能となりましたが、まだまだ様々な課題が残されています。アトックスの技術開発はリスクを減らし、迅速な廃炉を実現する取り組みにつながっています。

今後も廃炉に向けた技術開発や除染活動、地域復興を通じて、福島の環境や人々を支え続けていくことでしょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
アトックスなどの福島復興支援を行っている会社をまとめました。