ProjectRepadars

昭和レトロサブカルチャーを中心としたコラムの執筆やオリジナルゲームの製作を行っております

艦長のローカル群馬旅日記

群馬県内の昭和レトロ感を感じるグルメ旅やロスト観光地を写真等と共に不定期連載。第一部は全五話掲載。

すべて見る
  • 6本

【番外編】タイヨーレン復活へ

松村フーズからの移行後、群馬パンセンターが復活。タイヨーレンも、2020年現在、複数の店舗に置かれることになりました。 □現在の販売店舗  とりせん群馬町店・菅谷店/高崎市役所/OPA1F高崎じまん/角上生鮮市場各店(取扱が無い場所も有り) 残念ながら、昔の味とは少し異なっており、パンドミーのような味わいになっています。ただ、トーストの味はやはり格別です。 再びの到来に、関係者の皆様へ深い感謝を

スキ
1

第五回 群馬のソウルフード松浦パンのタイヨーレン

前橋駅改札前のハースブラウンが姿を消して数年、立ち食いそば屋まで無くなった寂しい駅構内に新しいパン屋がオープンした。 荻野屋が中心なって運営しているの新店舗は、イートイン併設で美味しいコーヒーを飲みながら電車を待つことが出来る。 パンも低価格で味もよく、60円台の小さなパンからサンドイッチまでと種類も豊富だ。昔はエキータの一階にも喫茶スペースがあったのだが、見るも無惨な廃墟と化しているため正直近寄りがたくなってしまった。 運営会社もどこかに消え、公式サイトは閉鎖となり、入

スキ
3

第四回 新時代のドライブイン自販機食堂に看板が付いた日

ドライブインやオートレストランといった呼称が、コンビニの登場で廃れて数十年は経った。 人々は新しく伊勢崎に生まれた自動販売機だけのレストラン、自販機食堂の名称を他店舗を訪れた際にも用いるようになり、オレンジハットで親しんできた我々昭和の大人達の肩身も狭くなって、平成の世代が思い描く「ドライブインに代わる新たなる愛称」を模索する時期が近づいてきた。 自販機食堂に続く新たなる店舗戦略は他県でも起こり、相模原では自販機コーナーが立ち並ぶ等、ロストテクノロジーだった食品自販機が商

スキ
1

第三回 群馬のパワースポット妙義神社と紅葉の湯

榛名神社に赤城神社、霊峰に上毛三山を抱える群馬県はパワースポットの宝庫でもある。 そのわりには県外から訪れる人々も少なく、休日に行くのは年配者だけの現状でも何とかやっていってる過疎スポットなのも群馬らしい姿だ。 どこがお気に入りか、何がいいかと考えると色々答えが出てくるが当方が最も気に入っているパワースポットは妙義山である。 妙義温泉にネギ畑と蒟蒻芋畑、大の字が目立つマークを見ながら子供でも登れるコースに鎖の付いた足場。県内の子供たちならほとんど必ず訪れる、林間学校の妙義少

スキ
3