見出し画像

J2第25節 FC町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢

前回対戦

ツエーゲン金沢 1-1 FC町田ゼルビア



試合結果

FC町田ゼルビア 2-2 ツエーゲン金沢


画像1




注目の選手(ツエーゲン金沢)

FW.11 杉浦 恭平

見てはっきりとわかるような活躍やゴールを感じさせるシーンがなかったので杉浦には残念な試合になってしまった。一度だけ右サイドからのクロスにファーサイドでほぼフリーでシュートチャンスを迎えたけど、たぶんボールコントロールが不十分と察してとっさに後ろの味方にマイナスのパスを選択してしまった。そこを打てば入るかもしれないという意見もわかるし、より確実なほうを選択する判断力や視野の広さもFWには大事という意見もわかる。僕はどちらも正解だと思うしたまたま今回は失敗に終わっただけであまり杉浦を責めたいポイントではなかった。それにシュートやゴールがなくても、経験豊富な杉浦は動き方や味方の細かいサポートの仕方をよく理解してて、加藤がボールを受けやすかったりスペースを狙えたりするのもなんだかんだいってここまで長い時間を杉浦と2トップでやってきたからだと思う。杉浦自身も波に乗りたいのが本音だけど、とりあえず影で加藤をストライカーとして引き立ててるのは杉浦でもあるのかなって思うんですよね。



注目の選手(FC町田ゼルビア)

MF.18 高江 麗央

ボランチとしてスタメン出場して、後半の終盤で足に疲労が見えて交代するまで本当によく頑張ってたと思う。攻撃では中央から両サイドにボールを散らしたり後ろから組み立てたり、守備ではミドルシュート打たせないようにコース消してたりね。元ガンバの選手ということで、遠藤や井手口みたいなボランチの影響って少なからず受けてるのかなっていうスタイルな気がした。前半の終了間際に素早いパスワークから際どいシュート打ってきたときはそんなプレーもあるのかと驚いたね。遅攻にも速攻にも適したいいボランチじゃないですか。あと町田の1点目。ゴール決めた中島とクロス上げたジョン・チュングンに注目がいくけど、そのジョンに自陣から長いグラウンダーのパスをピンポイントであてたのが高江なんですけど、そこの判断力とボールの質が絶妙でカッコよかったです!敵ながらああいうのやられたらそりゃピンチになるなって思うし、高江から中島までの一連の流れは特集組めるほど美しかったと思う。ていうかあれがなければ金沢は勝てたかもしれないんだなぁ…。



試合の感想

どちらのチームから見ても、前後半のパフォーマンスが違いすぎて難しい試合になった。いや、むしろ前半で2点をリードしていたのは金沢なので、試合を難しくしたのは金沢だったかもしれない。前回もそうだったけど、町田は金沢とは違って相手の攻撃をしっかり受けきってから攻撃に転じる型のサッカーをする。だから、中盤がスピードや突破力に長けたアタッカーがいないと揺さぶることもできないしスキを作れない。今回の金沢の2点というのはそこじゃなくて、金沢の持つ積極的な高い位置でのボール奪取が起点になって生まれている。そのいつもの金沢らしい守備を後半持続させることができなかったことが勝利を逃した最大の理由だと思っています。というより、もっと言うと「2点リードでさらにリードを広げてこのまま勝てるだろ」っていう慢心みたいなのが一部の選手にあって、少しぐらい緩めても後ろの選手が守ってくれるだろっていう甘えみたいなものがあったと思う。実際に平戸には結果的に直接FKを決められてしまったけど、町田の2トップのはずの平戸とステファンは流れの中でそんなに脅威にはならなかった。むしろ途中から入った中島のほうが思いっきり嫌な存在だった。金沢は個人レベルでそんなに大きなミスはなかったんじゃないかな?ちょっとファウルが多かった気がするけどね。金沢も町田も1点目は戦術の穴を突いたゴール、2点目は個人の技術でのゴールだったんじゃないかな。今回は柳下監督も迅速に交代カードをきってるし、采配そのものは悪くなかったと思う。試合の中でチームとしての約束事を90分通してやれなかった選手たちのほうに責任があると思う。たぶん本当に強いチームはこういう試合で勝ちを逃さない。そういうチームになっていかないといけないなと感じた。目標がもっと高いところにあるから、選手たちは連勝だとかゴールだとかを自身とモチベーションに変換して、ずっとチャレンジャーの意識もってやってほしい。っていうようなことをきっと柳下監督からも必ず言われるはずなので、これを機会にいろいろ再確認してまた次から熱い試合にしましょうや!



選手・監督採点

6.5 白井 裕人

6.5 長谷川 巧

6.5 石尾 崚雅

7.0 廣井 友信

6.5 渡邊 泰基

6.5 窪田 稜

7.5 藤村 慶太

6.5 本塚 聖也

7.0 島津 頼盛

6.0 杉浦 恭平

7.0 加藤 陸次樹

6.5 ルカオ

6.0 山根 永遠

6.0 高安 孝幸

6.0 金子 昌広

6.0 作田 裕次

7.0 柳下 正明監督



MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)

MF.8 藤村 慶太

画像2

金沢なら2点ともに絡んでゴールを決めてる加藤、町田なら粘り強く守った水本&深津のCBコンビや後半のゴールで流れを引き寄せた中島もふさわしいと思うけど個人的には藤村を推したい。2アシストのクオリティが高かったから。どちらも藤村がかなり高い位置をとっていて、本来なら窪田や杉浦がいるべきポジショニングだったんですけど、そこに藤村がポジションをとれたことがもう素晴らしいの一言。2点目も町田側から見たら佐野のミスって思うかもしれないけど、それももともと藤村が普段からあの形でボールを奪うのが得意で足の長さを活かして間合いを詰められるからです。1点目も加藤が真ん中でためを作ってくれてたけど相手選手が一応コースをふさぎにきてたから、そのプレッシャーあってもあの鋭いピンポイントクロス出せるのはさすがですよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
幸せです😆
6
いちばん好きなのはサッカー Jリーグ 地元のツエーゲン金沢サポーター ガンバ大阪と川崎フロンターレも応援してます Twitter→https://twitter.com/7f7s7s7

こちらでもピックアップされています

ツエーゲン金沢2020
ツエーゲン金沢2020
  • 36本

ツエーゲン金沢の2020シーズンの試合について日記代わりの簡単なレビューを書いていきます

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。