見出し画像

【レオナ@ドイツ①】アーレンへ渡辺夏彦に会いに行ってきた


--------------------------------------

※本文の無断転載、スクショによるSNS等への投稿はいかなる理由であろうと禁じます。

※単発での購入も可能ですが、月刊で「国内サッカーの現場より 竹中玲央奈のここだけの話」を定期購読していただくほうが圧倒的にお得です。

---------------------------------------

実は4月23日からドイツに来ている。ヨーロッパ自体が大学生のとき、2010年の8月以来なのだがそのときはドイツはほぼ見なかったので、ドイツ&フランスを回った2010年2月以来、なんと8年2ヶ月ぶりになる。

なぜ行こうと思ったかというとそんなに深い理由はない。ドイツに滞在している仲の良い同世代ライターである山口裕平君に会いに行きたかったのと、そろそろ応援しているチームのスタジアムに行ってみかったから。その応援しているチームについてはここに記すまでもないだろう。

というわけで、「国内サッカーの現場より」と題しているが、今週は国外にいるので、帰国する5/1までは番外編としてお届けしたい。基本的にサッカー軸でこの滞在期間は進む。

羽田発フランクフルト行き


日本時間でいうと4/23の11:15羽田発の便に乗ってフランクフルトには16:15着。ドイツは日本時間-7時間なので、日本時間の23:30頃についたこととなる。そこで山口くんと合流し、フランクフルトでご飯を食べた。8年ぶりのドイツ飯が織りなすカロリーの暴力に屈した。

到着2日目から本格的に活動を開始したのだが、まず向かった先は南部の田舎町・アーレンだ。日本のサッカーファンの中でも全く馴染みがないというところではないと思う。東京ヴェルディやヴァンフォーレ甲府などで活躍したストライカー・阿部拓馬選手が所属していたクラブの本拠地だから。

なぜここに行ったかというと、この春に慶應義塾大学ソッカー部を卒業した渡辺夏彦に会いに行くためである。


この続きをみるには

この続き: 1,975文字 / 画像6枚
記事を購入する

【レオナ@ドイツ①】アーレンへ渡辺夏彦に会いに行ってきた

Reona Takenaka

160円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。頂いたサポート資金は、より面白いコンテンツを届けるための遠征費や制作費に充てさせていただきます!

Thank you :)
5
スポーツライター&webコンテンツメーカー。「AZrena」や「B&」などのスポーツwebメディアの立ち上げ人。Jリーグを中心とした国内サッカーを取材し専門誌へ寄稿中。主に定期マガジンで日本サッカーの裏話をしています。自分の特異な思考も。働き方改革最前線。

こちらでもピックアップされています

国内サッカーの現場より。竹中玲央奈のここだけの話
国内サッカーの現場より。竹中玲央奈のここだけの話
  • ¥600 / 月
  • 初月無料

エル・ゴラッソやサッカーダイジェストなどの専門誌において、Jリーグ、大学サッカー、高校サッカーと幅広いジャンルを執筆するスポーツライター・竹中玲央奈によるwebマガジン。国内サッカーのありとあらゆる情報をお届けします。Jリーグファンは必読です。 月に4本以上は更新いたします。上限はありません。