見出し画像

iPhone 12 シリーズに対する不満

待ちに待ったiPhone12シリーズがついに発表されましたね。
待望の小さいiPhoneの復活に心が踊っている方も多いのではないでしょうか?
僕自身もMagSafeの復活や懐かしさを覚えるデザインにとても感銘を受けました。
ですが不満点もいくつかあるので、まとめてみました。

Touch ID ではなく Face ID

個人的にはこれが一番大きいです。
外出時はマスクをするのが当たり前の世の中なので、Touch IDのほうが利便性が高いです。
Face IDのマスク対応は噂されていますが、実際に対応されるかはわからないのが現状です。
ホームボタンがなくてもTouch IDが使えるのはiPad Airで実証されているようなので、iPhone 12でも使えるようにして欲しかったです。

画像2

Pro にしかLiDARがない

iPad Proから搭載される様になったLiDARですが、iPhone12シリーズではProのみに搭載される形になりました。
近年AR技術に力を入れているAppleですが、対応機種が少なすぎるので、参入障壁が高いのが現状です。Proでしか利用できないプロダクトを作るのは現実的ではないので、LiDARを利用したアプリの開発は数年後になると思われます。
個人的には、多くの端末に搭載してアプリを増やし、データを取得して改善する。という流れに持っていったほうがいいような気がします。

スクリーンショット 2020-10-14 6.38.15

端子がLightningのまま 

端子がType-CではなくLightningのままです。
Macbook、iPad Pro、iPad Air などType-Cに対応した端末が増える中、未だにLightningのままです。
これでは、かばんの中にType-CとLightningのケーブルをそれぞれ用意しなければならないため、荷物が増える上に、モバイルバッテリーの利用時にいちいちケーブルを取り替えなければなりません。面倒です。


まとめ

まぁなんだかんだ言いつつ買う気がする。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

気が向いたらサポートしてください! 何らかの形でお返しします!

励みになります!
11
iOS App Developer at YUMEMI Inc.

こちらでもピックアップされています

アウトプット
アウトプット
  • 644本

ゆめみの【勉強し放題制度】を活用したアウトプット、その他に、メンバーが自分自身で学んだことをまとめています。 ゆめみの独自制度である「勉強し放題制度」は、あらゆる学習費用を100%会社が負担します。書籍、社外セミナー、実験機材、認定資格の受験など、成長のためのコストは会社が全て負担。また、業務時間の10%は自由な活動に使うことができます。

コメント (1)
シャッター音が鳴る限り国内スマホを買う気にならないなぁ…。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。