web無料連載小説『ここは違法風俗NEO銀河パラダイス!!』(1ソープ目)「カウンターカルチャー風俗嬢の洗礼。」

(1)
☆彡
※この作品は事実に基づいた架空のドキュメンタリー的・フェイク小説です。実在の人物名などは敬称略してあります。ご了承ください(いや、架空なんですが!)。
☆彡
(2)
☆彡
裏玉継成は、違法風俗店へ来ていた。一人で、ではない。勇気を振り絞って会社の先輩の広末成義を違法風俗店へ誘ったのだ。眼前で裸体を拝めるときて、恍惚の表情で「OK~!」と、ローラばりに「GO!サイン」をGO!皆川ばりに出した広末のリアクションを見て、裏玉は、安堵した。
☆彡
さっそく、違法風俗店へ入店しようとする裏玉と広末だったが、パスワードとなる隠語を忘れてしまった二人。酒類をキメキメで違法風俗店へやってきてしまった二人は、酔った勢いでパスワードとなる隠語を忘れてしまい、隠語を書いた紙も、ここへ来る前に立ち寄った居酒屋へ忘れてしまったのだ。忘却の表情で、忘却に浸りつつ、裏玉と広末は、ゆらゆら、ゆらゆら帝国の音楽のように揺れていた。その姿は、まさにフラワーロック。フラワーロックの飲み屋の大将といった感じだった。その二人を新垣という女が案内することとなった。もちろん、有料で。
☆彡
フラワーロックの飲み屋の大将二人を引き連れて、人妻のような新垣という女が、たどり着いた先は、星のようなスターブライトオーシャンと呼ばれる、部屋だった。ガーディアンのような兵隊の銅像が飾ってある風呂のような部屋で、個々に「脱いでください」と、書いてある脱衣籠があり、そこへ、二人は衣類を脱ぎ捨てた。
☆彡
脱ぎ捨てた途端、新垣という女が部屋の中を激走した。ぬるぬるとローションを既に塗りたくった新垣という女は、そのローションまみれの身体のまま、「この泥棒バタードッグ!!」と吐き捨てて、フラワーロックの飲み屋の大将のような二人の脱衣籠の中の衣類を盗み取り、そのまま、スターブライトオーシャンという部屋を後にしてしまった。
☆彡
もちろん、部屋に居るのは、二人の男性であり、裏玉と広末という二人の同じ会社で働くM男である。二人は顔を揃えて「や、病みつきになりそう……。」と呟いた。その後、「で、お代はどうするんですか!?」と叫ぶ二人。そして、部屋の中のスピーカーがジャイアントスープレックスばりに鳴り響いた。
☆彡
「ここは違法風俗NEO銀河パラダイス~♪」
☆彡
「そういうことか!」と、二人は腑に落ちて、スターブライトオーシャンという部屋を後にしたのだった……。
☆彡
<続く>

※不定期連載です。

レモネードスリーパーのTwitterの方も、フォローして!☆彡☆彡
7
ギャグ&考察ライター(他)/ギャグ&考察のネット雑誌『ジャナギャガ』責任編集。/ブレーン(他)もやってます。/ライター等のお仕事のご依頼・ご相談はメール、TwitterのDMまで。/suriparemonedo@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。