見出し画像

酒癖。

元々お酒に強いほうではないので、自分からは好んで飲もうと思わない。でも休みの前の日で時間が空いた時などは、中身がなかなか減らない酒瓶を棚から引っ張り出してきて、寝る前に一人グラスを傾けることがある。だけど、しばらく飲み続けているうちに、酒に弱いせいですぐに睡魔に負けてしまう。

僕の身近なところに、酒に呑まれるタイプの人間がいる。飲み会が終わるころには決まって泥酔状態になり、そのたびに誰かが自宅まで送り届けるのが暗黙のルールになっているが、飲み会でお酒を飲まない僕はお守をするのに都合がいい人間のようで、嫌々ながら朝まで付き合わされたこともある。周りに面倒をかけないうちはまだいいが、手が付けられなくなった酔っ払いを自宅まで送る役目を押し付けられるのは本当に腹立たしい。

楽しく飲めるお酒なら付き合いたいけれど、酒に呑まれて記憶がなくなるような人間と一緒に飲むくらいなら、相手にされない方がまだましだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

「なを ばんた」。札幌人です。僕が思っていることを自由に書いていこうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。