未経験エンジニア(3ヶ月)で思うこと

僕自身今年の9月終わりより営業からエンジニアとしてのキャリアをスタートさせました。エンジニアの中でもRPAのソフトウェアを使用して、自動化ロボットを作成する"RPAエンジニア"です。

知識は全くない状態で飛び込んだが、未経験でも開発現場を早く経験することってめっちゃ重要じゃん。。。です

そう思わされた理由が3つ!!!

①給与をもらってスペシャリストから学べる

商品としての開発経験を積める

③エンジニアの全体像をつかめる


①給与をもらってスペシャリストから学べる

良い意味で勉強しながらお金をもらいつつ、プログラムの経験を積むことができます!僕自身、ジョブチェンジする前、短期のプログラミングスクールに通っていたり、また通常のスクールにも通おうとしていたので、スクールの現場も理解はしているつもりです!

【開発現場】は殆どがプログラミング経験者(僕の現場では50名の開発者の内僕含めて5名は未経験者)また、給与がもらえます!

【スクール】は20名程度に対して、経験者は基本は講師の方のみ(違う言語を勉強するということで多言語経験者が1,2名ほどいました。)質問なども時間的な制約がある。費用は40~60万円ぐらいが相場でした!自習室なども基本は自学習がメインでメンターさんは限られた数しかいません。

つまり僕の今の現場で例えると、未経験1人に対して、10名程度の経験者の方がいるという人数構成になります!

僕の中で最もおすすめなのが、スペシャリストたちの蓄積してきたソースコードを閲覧して、技をパクることです!各々担当するプロセスで、待ち構える障壁は違いますが、各々の設計・処理方法を学ぶことで今後の自分のレパートリーを増やすことができます!

商品としての開発経験を積める

・自分が作ったソースを最短で商品化できるということが勉強と仕事の大きな違いだと感じています。。。。。

設計・開発・テスト・リリースという開発の一通りの流れを経験できます!

そんな開発現場に入ってとても驚いたことはソースコードの8割は「エラー処理」「ログ表示」が占めてんじゃね????です。

ちょっと大げさすぎた表現ですが、配属2週間後に開発にアサインされてとても印象に残っていることです。。。

このとき、プログラムではエラーが発生するよりも、プロセスそのものが停止してしまうことが最も商品として欠陥になってしまうのだと言うことを知りました。。

加えて、そのようなエラーの検証やバグ修正を任せて貰う機会があり、ログ表示というもののありがたみを痛感するのです。。。

座学で学ぶ中では、このような経験をすることはできませんでした。

また、納期厳守「限られた時間の中で、より品質の高いロボットを作成する」ということを意識して、日々のタスクに向き合うことができました。

自己学習をしている中では、あまり時間的な制約はありませんでしたが、開発現場では商品リリース日という納期の中で経験を積むことができます。。。

③エンジニアの全体像をつかめる

実際、スクールに通っていた頃はエンジニア=プログラマー的な偏見がありましたが、現在の現場に移って来たことで、エンジニア職はプログラマー以外にも多岐にわたることを強く実感しました!

現在の現場でも・It営業・プリセール・カスタマーサポート・プログラマー・インフラエンジニア・テクニカルエンジニア・システムエンジニア・プロダクトマネージャー・プロジェクトマネージャー、オフショアなどなどいろんな立ち位置の方がおります!

その方々とも話して、それぞれの職種で現在の仕事にどのようなアプローチができるのかを勉強させていただいております!

なので改めて、自分の可能性を早期に模索するきっかけを作るという意味でも、いろんな職種の方が集う開発現場はとても貴重です!!

今回はド未経験で現場に入って思うことを数点上げてみました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
現在光跡写真を撮影しております!来年に向け、アニメーション・Adobe After Effectsを勉強し、東京夜景を動的にデザインしていきたいです!!仕事はRPAエンジニアです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。