マイラーズカップ1

マイラーズカップ2019有力本命馬情報

マイラーズカップ2019有力本命馬情報

【2パクスアメリカーナ】
前走京都金杯は時計の掛かる馬場で好位から抜け出して勝利。京都芝1600mは4戦3勝・3着1回と抜群のコース適性を誇る。3勝はいずれも時計の掛かる馬場で挙げていることから、この時期高速決着になりやすい馬場へ対応できるかが鍵になりそうだ。

【3インディチャンプ】
有松特別、元町S、東京新聞杯と3連勝中の昇り馬。前走の東京新聞杯では出遅れながら1分31秒9のレースレコードで快勝。高速決着にも対応でき馬体が本格化した。回転の速いピッチ走法がマイルへの適性を高めている。またステイゴールド産駒で時計の掛かる馬場へも対応でき、馬場に関係なく好成績をおさめている点も大きな魅力だ。

【4モズアスコット】
昨年のマイラーズカップでは、1分31秒3のコースレコードで勝ったサングレーザーから0秒2差の2着、今年は斤量が2キロ増えて58キロ。安田記念を4角12番手から33秒3の鬼脚で差し切りG1制覇達成した。近2走は連敗しているが4角で不利、初めて海外遠征と条件が合わなかったことが敗因。後方から直線一気の末脚は一級品、強豪馬相手に好勝負必至だ。

【6ダノンプレミアム】
前走の金鯱賞は強豪G1馬相手に圧巻のパフォーマンスで金鯱賞を快勝、実力の高さを改めて示した。東京と阪神の外回りコースで勝ち鞍がある。広く直線が長いコースへの適性は高く京都外回りへの対応力に懸念はない。6戦5勝、内重賞4勝。芝1600mから2000mの幅広い距離に適応力がある。

【9ケイアイノーテック】
昨年のNHKマイルCをメンバー中最速上がり33秒7の瞬発力を繰り出して優勝した。全3勝は、いずれも上がり3F33秒台の末脚で差し切っている。直線末脚勝負で持ち味を最大に発揮できる馬。京都の外回りへの適性は高い。昨年のマイルCSは外々を回されての敗戦で10頭の少数頭レースなら距離ロスも少なく自慢の瞬発力を最大限発揮できるはずだ。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
※無料メルマガと3連単6点メルマガの違い

3連単6点勝負の無料フォローアップメール
不要になったらワンクリックで簡単に解除できますのでお気軽にどうぞ。
https://goo.gl/NWnxsF

3連単6点勝負メルマガです。
不要になったらクリックするだけで解除できますのでお気軽にどうぞ。
https://goo.gl/uA7UY1
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

みなさんの『好き』が励みになります!ありがとうございます。
3
15年前に大手銀行から脱サラ。希望とは裏腹に5年間で地獄の底を経験。どん底から1日20時間死に物狂いで働き這い上がる。多くの人に喜んでもらえるような『競馬情報』を発信していきます。一人でも多くの人に勝ち組になってほしいと強烈な願望で積極的3連単6点予想を公開して10年目です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。