見出し画像

転職とスキルの関係

少し前の日経新聞にこんなニュースがあった。

最近は大手でも業績が悪化し大規模なリストラに乗り出すニュースを見聞きする。会社は自分を守ってくれない。そもそも大手は同期が多く、出世できるのも一握りだ。だったら規模は小さくて、成長している会社に入ってスキルを身につけたほうがいい。そう考え、会社の規模にこだわって就活した。将来は地方創生に関わる仕事に携わることを目標に掲げる。1社目で武者修行した上で転職や独立をするつもりだ。

一つの会社に依存することは危険だ、という感覚が就活生にも広まっているらしい。これはとても良いことだと思うし、スキルは身に着けておいて損はない。実際に僕自身もそう考えて今のキャリアを作ってきた。

しかし、個人の価値が問われる社会において「自分の成長」ばかりを優先する人が増えつつある点にはついては気持ち悪さを感じる。

この続きをみるには

この続き: 2,223文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
単品コンテンツは300円で試し読みできます。2021年4月時点で累計購読者は約800名になりました。

仕事で学んだことをリアルに書いてます。SNSでは公開していないマガジン限定のコンテンツです。月3-5本を配信中。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
moto / 戸塚 俊介

転職や副業、営業ノウハウについて実体験から書いています。サポート頂けたら嬉しいです🥺

🥺
101
moto株式会社の代表取締役。『転職と副業のかけ算』著者。地方ホームセンターへ入社後、リクルートやSMSなどに在籍。転職メディアを作って上場企業へ売却しました。ブログ→https://tenshoku-antenna.com/ 書籍→http://amzn.to/2Zc2naD