見出し画像

【RS02:COLUMN】紅桜花のイベントレポート。vol.1

皆さまこんにちは。紅葉です。
いつもREASNOTを読んでいただき、ありがとうございます!
『紅桜花(くれないおうか)』は、定期購読マガジンへご登録いただいた皆様限定の記事となります。お楽しみいただけますと幸いです。

 *

私はイベントが好きです。演劇でも音楽ライブでもフェスでも、ちょっと気になったらすぐ出かけていきます。

子どもの頃は、よくミュージカルを観に行きました。『アニー』『大草原の小さな家』『ライオンキング』などなど。他にも学祭での友人の演劇を観たり、旅行を兼ねて宝塚に行ったり。『アイーダ』、好きだったなぁ。

自分がライブハウスに出るようになってからは、音楽仲間の演奏を聴きにあちこち足を運ぶようになりました。プロだと、奥華子、倉木麻衣、福山雅治、嵐、AKB48などのライブが思い出深いです。

学生の頃に合唱や管弦楽に触れてきたため、クラシックも好きです。今でもNHK交響楽団や東京フィルハーモニー交響楽団、友人のチェリストやピアニストの演奏会などを鑑賞します。

街で屋台を見かけたら走っていくし、アートフェスでもラーメンフェスでも花祭りでも、バレエでもオペラでも、何でも楽しい!

……前置きが長くなってしまいました。そんなこんなで今回は、最近訪れたイベントの感想レポートを書いてまいります!!

vol.1-1 曖昧なカンパニー公演(2019/6/12)

U25の若手アーティストを紹介する『Rising Star』シリーズ第1回で特集した、よこいゆきのさんの出演する演劇を見てきました!

『庭からの光』は主婦で一人暮らしをしている「明日美さん」と大学時代の後輩「内田くん」と近所のフリーター「水谷くん」が日曜日の昼下がりに明日美の家でたまたまなんとなく過ごす小一時間が描かれた戯曲です。
今回はゲストに音楽家のうえむらまさゆきさんを招き、3人のとりとめのない話を「奏者」「演者」でもある11人の「話者」が入れ替わり立ち替わりくりひろげていきます。
曖昧なカンパニーvol.2 無伴奏「庭からの光」

上述のあらすじの通り、休日の女性・若い男性・年配の男性の3名が会話をしていきます。ストーリーらしいストーリーはなくて、途中で楽器が鳴らされたり照明が絞られたり、雰囲気を味わう系の演劇でした。

舞台上には所属メンバーが全員座っていて、入れ代わり立ち代わり3名の人物を演じていきます。それぞれに演じ方が違って、ダブルキャストの舞台を一回で楽しめる、みたいな面白さがありました!

この続きをみるには

この続き: 2,534文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎月、1~3本の記事を追加します。過去記事も全部読み放題です!ご希望の方には毎月フリーペーパー版を直筆手紙付きでお届けします(※専用フォームから送付先住所の登録が必要です。私書箱や郵便局留めも可能です)。

REASNOT Fan Magazine

月額500円

初月登録無料!REASNOTが10倍楽しめること間違いなしの定期購読マガジンです。涙あり笑いありオフショットありの編集後記、編集長のゆるふ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます。皆さまからのご支援は、新たな「好き」探しに役立て、各地のアーティストさんへ還元してまいります!

スキ、ありがとうございます≧ヮ≦
1
『REASNOT(リースノット)』は、夢を大切にしている人々や、「好き」を追求する人々を紹介するフリーメディアです。現在は『音楽』分野を中心に様々なアーティストの物語を掲載しています。毎月1,8,15,22,29日更新。◆公式HP https://www.reasnot.com/

こちらでもピックアップされています

REASNOT Fan Magazine
REASNOT Fan Magazine
  • ¥500 / 月
  • 初月無料

初月登録無料!REASNOTが10倍楽しめること間違いなしの定期購読マガジンです。涙あり笑いありオフショットありの編集後記、編集長のゆるふわコラム等を配信します。【2020年より新サービス開始!】購読者の方に、毎月フリーペーパー版を一部、直筆手紙付きでお届けします。バックナンバーやその他の付録が付いてくるときもあります♪ご希望の方は、右記専用フォームから送付先住所をご登録ください。(※私書箱や郵便局留めも可能です)⇒https://forms.gle/oHTQLWVqhBibkUFW7

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。