見出し画像

たねダンゴ / ササハタハツファームβ 出店を終えて

RE-WOMAN

11/12土 渋谷区のイベント
ササハタハツファームベータに出店してきました!!

私たちにとっては、発足して初めてのイベントとなり、皆さんへの初お目見えとなりました。
参加された皆さん、主催の皆さん、そして関わってくださった出店者の皆さん、ありがとうございました✨️

たねダンゴ®️


==============
『たねダンゴって?』
==============

「たねダンゴ®︎」は、公共社団法人日本家庭園芸普及協会が、普及をすすめる新しいたねまきの手法です。

たねダンゴ作りを始めたきっかけは、2011年3月11日に起こった東日本大震災の復興支援活動の一環でした。荒れ果てた現地を目の当たりにし、「花を見て少しでも元気になってもらいたい!」その気持ちで日本家庭園芸普及協会が種を被災地などに贈りました。
しかし、小さな種をまくことは小さな子どもたちやお年寄りにとってはなかなか難しいようでした。風ですぐにタネが飛んでしまったり、雨に流されてしまったり。
そんな時、グリーンアドバイザーの方が、保育園や仮設住宅などで、タネ入りの泥ダンゴ作りを始めました。それがとても楽しそうだったのです。
その後、試行錯誤しながらたねダンゴが完成していきました。
誰にでも簡単に、楽しくできる、新しい種まきの誕生です!今や全国各地に広まるたねダンゴ。
ひとつのタネダンゴから複数の芽が出て、花束のように花を咲かせます。花壇や鉢をはじめ、傾斜地での植え付けもできるので、さまざまな場所で広がっています。

(引用:サカタのたね 園芸通信より)



ひとつのタネ🌱からどんな芽が出てくるのかな??
ワクワクしながら育ててみる、、、
失敗したっていいのです。
失敗はただの過程で、「今回」の切り取りに過ぎません。
次は成功するかも?その次は成功するかも?
何度もチャレンジしてみると、必ず何かが得られます。
植物育てるの苦手で…って方も楽しんで挑戦してもらえると嬉しいです。


そして皆さんも、たくさんの才能タネを持って
生まれてきています。

ワクワクしながらそのタネを育てて欲しい。
そんな願いを込めたのが今回の
『たねダンゴ』でした。


今回作った、たねダンゴの成長過程や育て方のポイントなども今後Instagramに載せていきますので、フォローしておいてくださいね!
わからないことなどあれば、お気軽にDMなど頂ければお答えさせていただきます。
▶https://www.instagram.com/rewoman.japan/?hl=ja

また、よければ皆さんのたねダンゴの成長の様子なども #rewowan  #たねダンゴ のタグを付けてSNSにアップして頂ければ嬉しいです!


RE-WOMANの次のイベントは、たねダンゴに続き『みそダンゴ』を予定しています!
オンラインイベントもあるので、チェックしてくださいね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
RE-WOMAN

よろしければサポートお願いいたします!いただいたサポートは活動費として大切に使わせていただきます。