見出し画像

フィットネス指導力を高める為に外せない能力とは!

こんばんは。
カラダ改善トレーナーの島田です。

本日のテーマは
フィットネス指導力を高める為に
外せない能力とは!

🔸コミュニケーションの重要性

フィットネス業態限らず、共通するスキルに
コミュニケーション力があります!
ここで言うコミュニケーション力とは、自己表現を通じて自分の考えや想いを届けるスキルとも言えます。

あのウォーレン・パフェット氏もコミュニケーション能力の向上に投資することで「自分の価値を50%向上させることができる」と述べています。

それだけ、伝える力を向上させる事には
計り知れない価値があります!!
では、これをフィットネス指導に置き換えると
どれほどの価値になるのか考えてみましょう!

例えば、専門性が高く、ペーパーテストでは
いつも満点の人がいたとしましょう!!
しかし、この人は現場で健康に関するアドバイスや、指導をしていますが成果出ません。
(お客さんに行動変容を起こせない)
この場合も、専門性よりもコミュニケーション力の問題が隠されている可能性が高いです。

コミュニケーションとは相手に伝える力です。
違う言い方をすれば、相手が理解していなければ
【伝えた】とはなりません。

だからそ、フィットネス指導者も
学ぶ中で伝える力を磨く事が必要だと私は考えています!!

🔸伝える力を伸ばすには

伝える力を伸ばすには、結論どんどん
アウトプットする必要があります。
実践を通じて、自分の考えや思考の不一致を
周囲からのフィードバックによって得ることで
磨かれます。

ですが、このアウトプットの方法もまた
いくつか方法があるように思います。

簡単に分けると
・文章を書く
・話す

の2つがあります。

文章では自分の考えを文字で表現し、
相手に伝える力です。
これは、日頃から考えを文字化していく習慣が不可欠です。

話すはフィットネス指導者が1番実践しやすい
方法です(現場では毎日行われる)
ただ、意識するのは【相手が理解しているか】を
忘れてはいけません。

コミュニケーション力を磨く為の学びは
疎かにされる分野でもあります!!
伝える力を磨く場も、指導者には不可欠に思います!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!